「いのちが自分を生きさせる」

2005年「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」誕生
2007年「負けてたまるか」へリニューアルオープン。
12年馴染んでいましたが、2020年当ブログは3度目のタイトル変更。
肉体改造のため筋トレで鍛えるついでにランナー始める、
2005年札幌マラソンでハーフデビュー。
2007年デュアスロンデビューしたが、泳げないスイムを乗り越えて
2008年〜2016年までトライアスロン活躍。
2015年、神経内科「てんかん」発症のためトライアスロンはドクターストップ。
今でもメインであるランニングと筋トレとの両立を続けています。
それまでの間に自身が辛かった経験は今後の人生に生きていく。
<<prev entry | main | next entry>>

10月後半トレーニング内容

22日・・ラン8km、筋トレ40分

24日・・ラン4km、筋トレ15分

25日・・ラン8km

29日・・ラン5km、パーソナルトレ受講

月間走行距離ラン:87km

更新が遅くなりました。月間走行距離では毎度おなじみ100km以上目標するのにまた達成出来ませんでした。怠慢もあるけど手の痛みでバーを握れなくて筋トレの回数が減っています。上半身がダメなら下半身でも鍛えようかなとパーソナルトレーニングで教わりました。腹筋運動ストレッチもしたいけど時間の余裕がなくて・・。それって言い訳ですかね?それから11月3日参戦した作.AC真駒内マラソンは完走したけど当ブログでの完走記録の記事はまだ作成はしてない。1日も早く更新するんで、頑張れ!父さん。

スミスマシンを使ってカーフレイズ<画像はイメージ>

下半身トレーニングのメニューはマラソン用に少し変えてみました。体幹をスルーしてふくらはぎ・腰のトレーニング方法を教わることにしました。

●「カーフレイズ」はふくらはぎの筋肉を効果的に鍛えることができる筋トレ。ふくらはぎのトレーニングとしては、とても有効で効果的な筋トレです。今回はスミスマシンとレッグプレスマシンを用いました。

<スミスマシン>先ずはバーを担ぐ、つま先立ちを繰り返す。つま先立ち時はふくらはぎが内・外とあるので足の向きを変えて良いです。スミスマシンでやる場合、プレートを付けて意外に重さ耐えられるから軽い。<レッグプレス>フットプレートの一番下あたりに足を位置させて、つま先立ちをするようにしてかかとを上げ下げし、ふくらはぎを鍛えます

●「バックエクステンション」はローマンベンチ(ローマンチェアー)を用いる。ほぼ水平なものと約45度に角度がついたもの、角度調節が可能なものがある。後者を用いる運動はハイパー・エクステンションと呼ばれる。フラットベンチを用いてパートナーに足を押さえてもらいながら行うことも出来る。

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks: