「いのちが自分を生きさせる」

2005年「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」誕生
2007年「負けてたまるか」へリニューアルオープン。
12年馴染んでいましたが、2020年当ブログは3度目のタイトル変更。
肉体改造のため筋トレで鍛えるついでにランナー始める、
2005年札幌マラソンでハーフデビュー。
2007年デュアスロンデビューしたが、泳げないスイムを乗り越えて
2008年〜2016年までトライアスロン活躍。
2015年、神経内科「てんかん」発症のためトライアスロンはドクターストップ。
今でもメインであるランニングと筋トレとの両立を続けています。
それまでの間に自身が辛かった経験は今後の人生に生きていく。
<<prev entry | main | next entry>>

9月29月日(日)

 

札幌リレー&ソロマラソン

 

2019オータム大会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(5km×6周)3:07:04

 

久しぶりの周回マラソンだ!2年前に参加した「2017年札幌エンジョイランニング」と似た大会概要だが、モエレ沼公園5km周回コース。今回は30kmがしんどいだけど(笑)ペース設定をキープするのがワクワクしてしょうがない、それ事実です。脳も鍛えられるし、筋持久力いや持久力トレーニングになれそうな周回ランニングだと自分はそう思っています。その大会の参加人数は多くありませんが、30kmの部は22名(完走18名)。参加者のなか、北海道マラソンの参加賞のネイビー色Tシャツ着用が目立ちました。最初のスタートは親子ペアマラソン、20分後に全種目同時スタートしました。30kmの制限時間は4時間だから1周ごと35分ペース走(タイム3時間30分)か33分ペース走(タイム3時間18分)どちらでも設定すれば心配はない。1周走ったら33分だと調子はちょうどいいなので順位は気にしなくてそのペース設定を意識し始めました。その時点が22人位中20位。開会式からずっと悪天候でやっと止んで3周目は頻繁にトイレに行きたくなって排尿を済ませました。ペースを考えると60秒以内くらい速く走って3周目通過した後、何故か心肺が苦しくもなく順調だった。調子に乗ってビルドアップを始めたみたいです。1周目と6周目との間にトータル11人を抜きました。ゴールした順位は9位でしたが、8位との差は11秒、10位の人は最初から12位をキープしながら5周目の時、私がラストスパート5km走ったら彼が何度も後ろを振り向いていました。抜いて私が先に完走した後に彼がやってきたのが1分6秒の差でした。結果は上記通りにペース配分が失敗だが、ビルドアップは嬉しいですね〜。憎たらしい私ですが・・。大会に対して感じたことは路面に距離表示の張り紙があって把握できて良かった。20kmと40km駅伝は大変盛り上がっていました。ロング走を怠ける私にとっては参加できて良かったなと感心しました。来年東京マラソンもあるので本番まで真面目にランニングしないと・・。頑張れ!父さん。

1周5km毎ラップ計測

1周(05km)・・・・・・・・33:04

2周(10km)・・・・・・・・33:30

3周(15km)・・・・・・・・32:55

4周(20km)・・・・・・・・31:08

5周(25km)・・・・・・・・29:00

6周(30km)・・・・・・・・27:29

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

こんな大会あったんですね、知らなかったです。
30km、いつか挑戦してみたい〜。
が、日程が札幌マラソンと近いんですね。

でも、30km走れるようになりたいなぁ。

来年、挑戦してみようかしら。まだ無理か!
(о´∀`о)
comment by: てるてるまん | 2019/10/18 8:52 PM
■てるてるまん様
あれ?返信を書き込んでいたのに、空になってる。
送信漏れかな。
改めて書き込みますね。
2年前に参加したエンジョイランニングの主催である
ウイズ事務局から毎年メールで知らせてくれます。
知名度が高くないみたいけど駅伝には
盛大してるので見ても飽きない。
それにモエレ沼公園なので市民トライアスロン大会のこと
思い出してしみじみとします。
完走を目指すのはいいけど、自分にあったペースを優先して
リタイアは気にしないで走るのがリラックスと思います。
良かったらお手伝いでもします?
愛のムチはしませんよ、優しくね(笑)
comment by: kent | 2019/10/21 12:29 PM

Leave a comment:










TrackBack URL:

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks: