「いのちが自分を生きさせる」

2005年「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」誕生
2007年「負けてたまるか」へリニューアルオープン。
12年馴染んでいましたが、2020年当ブログは3度目のタイトル変更。
肉体改造のため筋トレで鍛えるついでにランナー始める、
2005年札幌マラソンでハーフデビュー。
2007年デュアスロンデビューしたが、泳げないスイムを乗り越えて
2008年〜2016年までトライアスロン活躍。
2015年、神経内科「てんかん」発症のためトライアスロンはドクターストップ。
今でもメインであるランニングと筋トレとの両立を続けています。
それまでの間に自身が辛かった経験は今後の人生に生きていく。
<<prev entry | main | next entry>>

お盆期間のため1週間をずれて9週間ぶりの診察です。先回の診察と同様にパソコンで入力したてんかん記録を専門医に見せました。いくつかの情緒不安定の症状がありましたが、私にとっては心配事は最近、気になるふくらはぎの熱感。右足のふくらはぎに内側に妙な熱さを発症しています。最初はランニングの時日焼けのせいかと思い込んでいましたが、たまに野外や熱さでなく室内の温度、気温に関係なく熱感や微熱が起こります。ネットを調べると下肢静脈瘤を疑っているだそうで内科か神経内科など血液検査をお勧めしますと書かれてあったこと。全ての情緒不安定の症状を見た専門医が気になることは熟睡のこと。仕事の影響があって熟睡2つのパターンについて先ずは〕漆後、23時頃から転寝てしますが、翌朝5時か6時起床⇒漆後、すぐ転寝ているのが22時15分くらい。25時から27時までの間に寝起きますが、1〜2時間後寝る前の薬を飲んで再び寝ます。翌朝7時半頃起床しますが、寝不足を感じていません。専門医からは起床リズムを整え、睡眠の質を改善しなければならない。夕方の薬は寝る前と一緒に服用するので寝る準備して飲んで下さいと言われました。薬の飲み方変更に集中してたので診察を終えた後、下肢静脈瘤、いつもの軽い発作などカウセリングはうっかりしていました。ま、しょうがないので次回まで身体に何か異変を感じることことがなければいいだが・・。

毎度薬量をコントロールするなか、現在服用している薬は先回と変わらないけど朝はラミクタール錠、トピナ錠、シルニジピン錠、寝る前はラミクタール錠、トピナ錠、シルニジピン錠、フィコンパ錠、マイスタン錠という飲み方が変わりました。1日トピナ錠25mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠100mg×2、マイスタン錠10mg×1、シルニジピン錠(後発品)5mg×1。

薬はもううんざりだと本音・・。めげない、頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks: