「いのちが自分を生きさせる」

2005年「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」誕生
2007年「負けてたまるか」へリニューアルオープン。
12年馴染んでいましたが、2020年当ブログは3度目のタイトル変更。
肉体改造のため筋トレで鍛えるついでにランナー始める、
2005年札幌マラソンでハーフデビュー。
2007年デュアスロンデビューしたが、泳げないスイムを乗り越えて
2008年〜2016年までトライアスロン活躍。
2015年、神経内科「てんかん」発症のためトライアスロンはドクターストップ。
今でもメインであるランニングと筋トレとの両立を続けています。
それまでの間に自身が辛かった経験は今後の人生に生きていく。
<<prev entry | main | next entry>>

8月後半トレーニング内容

21日・・ラン6km

22日・・ラン6km

24日・・筋トレ45分

25日・・大会42km

27日・・パーソナルトレ受講

28日・・筋トレ50分

29日・・ラン5km

31日・・筋トレ35分

月間走行距離ラン:109km

8月のランニングでは北海道マラソンはとても大事なレースっていうのに大会を除いて最高がたった11km、あとは平均6kmくらい。とんでもない走行距離が少なすぎます、半分諦めていた完走は予想外に叶いました!が、股の関節を痛めるハメに・・。筋トレ回数は相変わらず手の痛みが治まらず週1〜2回くらい、体重は77〜73kg変動しています。

ニートゥーチェスト<画像はイメージ>

カウセリング時、仕事以外にギックリ腰を起こしてしまい、3日間くらいパーソナルトレーニングで教わったメニューを長時間ストレッチしてなんとか治まりましたと報告。前回にもやった太もも裏(ハムストリングス)をしっかりストレッチすることと、グリッド(固いコロコロ)でしっかりほぐることとトレーナーからアドバイスがありました。

今回のは腰の負担にならないようにメニューは限定されるかもしれませんと言われて通りに私はせっかく痩せているのでだめもとで腹を鍛えてみようかなと話していました。薬を服用しているのでその腹の肥満は副作用の症状です。トレーナーの話では「痩せる・痩せないは別としても、腹筋をトレーニングすることは意味があります。腹(コア)を鍛えることで他のトレーニングにも良い影響が出ます。<例>ベンチプレスやスクワットで姿勢が安定してより重い重量を持てるようになります。

今回のメニューは体幹(コア)トレーニングでやることにしました。基本はストレッチペースメインでハムストリングスほぐしながらやります。●レッグレイズ→足の上げ下げ運動する腰が反らないようにお腹に力を入れて押さえる。反ると腰痛になるので注意点。足を下ろす時に少しゆっくり、足を上げる時は少し勢いよく上げる。次は足を左右に動かします。肩をしっかり押さえること、骨盤を左右に動かして真横に倒すこと。ねじれがきつくなるかもしれませんが、その分肩を押さえながら動かすことでわき腹に効きます。●ニートゥーチェスト→膝を近づける時に、息を吐く、吐き切ったら足を伸ばす。教わったメニューは指で握らないトレーニングはためになりました。腹筋は時々やった方が、他のトレーニングにも良いのでお勧めしますと言われて持久力と体力をつけるためにがんばらないと・・。頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks: