「いのちが自分を生きさせる」

2005年「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」誕生
2007年「負けてたまるか」へリニューアルオープン。
12年馴染んでいましたが、2020年当ブログは3度目のタイトル変更。
肉体改造のため筋トレで鍛えるついでにランナー始める、
2005年札幌マラソンでハーフデビュー。
2007年デュアスロンデビューしたが、泳げないスイムを乗り越えて
2008年〜2016年までトライアスロン活躍。
2015年、神経内科「てんかん」発症のためトライアスロンはドクターストップ。
今でもメインであるランニングと筋トレとの両立を続けています。
それまでの間に自身が辛かった経験は今後の人生に生きていく。
<<prev entry | main | next entry>>

自宅には血圧計を持ってないのでジムで血圧を測る習慣をつけることは非常に重要です。

8週間ぶりの診察です。今まではてんかんノートに気になる症状や血圧表を記入していましたが、今回はパソコンでキーボード入力して専門医に見せる生活習慣を見直していくつもりだ。血圧表を見た専門医はまあまあでしょうと話していました。相変わらずシルニジピン錠はまた服用を続けることが本当にガックリ。あとは軽い発作(デジャブ)は先回より随分多く起こしてしまいます。日常生活で様々な問題行動を起こすのでなく具体的なことを言えないが、娯楽行為の時は頭がクラクラして顔色がよくないというデジャブを発症します。娯楽のなか関心事は変態的ではないので悪しからず。

毎度薬量をコントロールするなか、専門医が首を傾けたのがデジャブのことですが、ラミクタール錠75mgから25mgを増やすことで100mgに。先回は就寝前フィコンパ錠をたまに飲み忘れてもいいよと言われたのに今回は何かでも飲み忘れないようにという専門医の指摘がありました。現在服用している薬は1日トピナ錠25mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠100mg×2、マイスタン錠10mg×1、シルニジピン錠(後発品)5mg×1。いじけないでまだまだ戦い続けて学ぶしかないですね、頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

トラックバック機能は終了しました。

TrackBacks: