「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

6月前半トレーニング内容

01日・・筋トレ50分

02日・・ラン16km

03日・・ラン19km、スイム1000m(100m×10)

04日・・筋トレ45分、スイム1000m(100m×10)

05日・・スイム1200m(200m×6)

06日・・ラン9km、筋トレ40分

09日・・ラン5km、筋トレ40分

10日・・ラン14km

市民大会トライアスロンを応援したおかげで復活を意識しています。甘くないのは分かっていますが、スイムは初心に戻ったような感覚を受けて3日連続のなかセット数を1回200mで精一杯。焦らず、急がずゆっくりマイペースで泳ぎます、頑張れ!父さん。

14回目のパーソナルトレーニング受講、カウセリング時トレーナー曰く6〜7年くらい本格的にランニングしてないのでもっぱら筋トレ一筋。ダイエット期間はトレーニングの後に20〜30分は良いみたい。正しいフォームをやるってところにもっていくまで最初は難しい。今は「胸」「腕」が大分良い感じなのでこのまま他の部位も感覚を掴んでいくと良いと言っています。

今回は胸の新しい動きの種目はベンチプレス。以前やったことがありますが、どうせ正しくないフォームで効き目がなかった筈。やり方はいつものチェストプレスとそれほど変わりません。

ベンチプレスのフォーム作りは‘の位置→バーの下に鼻と口がくる辺り握り幅→ラインに中指あるいは薬指がかかるくらいBの位置→座って手前に持ってきて大体膝が90度くらい曲がる。ここまできたらチェストプレスと要領 銑までは一緒となります。バーを外したらバーは胸の一番高い位置に降ろす、軌道は真っ直ぐ。<良い例>大体乳首の下辺りが目安。<悪い例>首の辺りにバーが来る。あと注意点はバーを外すとき肘を張って外すのが良い例、肘かねた状態のが悪い例。マシンのチェストプレスより重さがビシッと乗る感覚、ベンチプレスは「やばいやばい」ってなるのが発達を促してくれるのでメリット。皆がよくベンチプレスをやる理由は楽しく、重さを扱えて体も変わりやすいからです。

私の感想は「力こぶより二の腕にはまっている」それを聞いたトレーナーが「上手に出来てくるとメリメリします。筋肉が張り出すような感覚なので楽しいですよ。自分も好きなトレーニング部位で反応しやすい」と言ってます。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/643

TrackBacks: