「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

5月後半トレーニング内容

21日・・ラン7km、筋トレ40分

22日・・スイム1000m(100m×10)

23日・・ラン9km

24日・・ラン10km、筋トレ20分

27日・・ラン17km

28日・・パーソナルトレ受講

30日・・ラン11km

月間走行距離:ラン205km、スイム1000m

てんかん薬マイスタン錠を加えた結果は病状に変わりがある。職場の座席は人に配慮するので帰宅後にてんかん発作の病状として頭痛を起こしてしまう日課となっています。ひよっとしたら私にとってはてんかんによる頭痛にはマイスタン錠が合わないと思うので次回の診察で相談したい。その関係で今月後半はちょっと筋トレのやる気が出なくありゃ、あかんと自分を責めましたが、環境に影響が生じる。スイムは久々泳ぎましたが、気がつけば泳ぎ始めてもう10年になるんです(笑)。2年前までの泳ぎ込みや楽々ロングは一切挫折してセット数を泳ぐことにしました。

上記大会100kmにエントリーしました!

自分は50km完走可能だというのに運動能力の低下が起こる不安を過ぎる100km完走微妙。私が午前5時スタートしますが、5時間後に50kmの妻が走り始めます。制限時間は100km14時間、50km9時間にフィニッシュは19時までだから最終目標は私たち夫婦でゴールテープを切ること。2年前より体重増加でデブランナーに見違えますが身体が重いけど100kmは自分と闘って走ります。頑張れ!父さん。浜頓別派遣手話通訳者の人材がなかなか厳しいらしいと聞く。

右から2008年、2009年、2009年、2010年、2010年そしてデブランナーが2017年。すげぇ体型が変化してる〜。特に最盛期だった2010年は一番痩せていた頃かな。

ウルトラ100km3回参加(2勝1敗)2011年10時間40分(22.9度)、2016年13時間48分(25.4度)、2017年70kmリタイア(21.2度)[気温は気象観測データより]

2008年から9年連続エントリーしましたが、2016年は最後の参加。初出場は確か50人程なのに最近70〜90人に拡大している。本大会は初心者向けスプリント・ディスタンスでデビューも多く出会いが生まれる。経歴が長い人も参戦しますが、ひたむきにトップを争うくらい、なかなか観戦者を楽しませるアットホームな大会。我がチームトライアスロン組に残された若おっさんが今年はエントリーしてないため今日2日か明日3日のどちらか応援しに行こうかな。

北海道森林スポーツフェスタは初めて聞くけどカデコリーのなか3kmの部はもちろんペースメーカーを務めたいので挑戦者を捜そうと思いつつ前日にプライベートで先約ありそうで当日は当分行けないかもしれない。反面に先日に言語聴覚士国家試験試験を受かったトライアスリート健聴者から私に「ペースメーカーという道を見つけたんですね。応援しています」と激励に寄せられました。

JUGEMテーマ:モブログ

Comments:

こんばんは!

昨日、お久しぶりにお会い出来て嬉しかったで〜す。ゴールに知人がいるというのは本当に嬉しいもんですよね〜。
ところで、モエレトライアスロン、なんか参加者の顔ぶれが変わりつつあるように感じました。世代交代なんでしょうか、見たことある方が減ったように感じました。

ウルトラ、申し込まれたんですね、相変わらず凄いです。(^^)
無理せず、奥様と頑張ってくださいね〜(^^)
comment by: てるてるまん | 2018/06/04 9:48 PM
■てるてるまん様
いつもいつもコメントありがとうございます!!
走る姿を見てゼーゼーもなく安定感があって
また頑張れるでしょうか。
私、復活が不可能なわけではないが、体力と時間を賭ける
しかないので当ブログのキャッチコピーの通りに
アットホームな市民大会参戦したい。
そういえば今回観戦した大会では
はつらつとした北大生4割くらい多く目立ちましたね。
comment by: kent | 2018/06/05 5:48 PM
そ〜なんです。
ゴール後も酷い疲労が無くて、なんか平気でいられるくらいげんきで自分でも驚きました。
モエレでの復活の件は、楽しみに待ってます。
急がず焦らず諦めず!
おっ、なんかゴロがいい(^^)

全体的に、顔ぶれが変わった感じでしたね〜。
北大は確かにフレッシュな感じの生徒が多かったですね。
若者たちがどんどん参入することは本当にいいことだと思います。
但し、ジジイも簡単にはやめませ〜ん。(^^)
kentさん、待ってま〜す!

comment by: てるてるまん | 2018/06/05 8:41 PM
■てるてるまん様
そうなんだ、てるてるまんさん本人もびっくりしていたもんね。
でもゴール前笑顔で走る方がお似合いだよ。
てるてるまんさんに刺激されたり
TUJIWAさんとの想い出が詰った大会だから
ちょっと復活したくなりました。
ジジイ?わしはまだ30代だよ!ビンビン(笑)
comment by: kent | 2018/06/06 6:27 AM

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/642

TrackBacks: