「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

従来4週間毎だが、5月は6週間の状況を報告しますが、発作や頭痛など記録を書かれたてんかんノートは専門医に見せます。頭鳴りで苦しんでいたのにラミクタール錠の効果で良くなったこと。先月から頭のなかの意識が朦朧とした症状の不安を過ぎっていたことを話したら「軽いてんかん発症らしい」と専門医が言ってました。さらに専門医が気になるのが「中途で目が覚める」こと。それは平日に21時頃転寝、25時起きてその後27時就寝する生活リズムが1つのパターン。原因は朝トレーニングの疲れと思ったが、そんなに体力が衰えるほどでないので私自身心当たりなのは職場にストレスがあるかもしれない。職場の具体的な内容を聞いた専門医は「おそらくストレスだな」と話しています。生活リズムを改善するためにはフィコンパ錠を増やすか、それともマイスタン錠を加えるか、どちらの薬を選ぶかと言われて私は戸惑い気味。マイスタン錠は次回まで試として眠気で気分が安定なかったら中止するのだそうです。加えたマイスタン錠の効能は脳の神経を鎮めて、けいれん発作を予防する薬。他の薬が十分効かないときなどに効果がありますとのこと。薬はもうこりごりだけどガックリさせるダメージが大きいのは仕方がない、日々の生活のなかで小さなストレスから大きなストレスまで常に色々なストレスを感じながら生きているもんだな。現在、服用している薬は1日トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠75mg×2、マイスタン錠10mg×1。

右が「てんかんノート」

本題を変えますが、ちょっとミニエッセイを掲載します。毎朝ジムでトレーニングを実施しますが、天候によってジムから近く北海道大学キャンパスを朝ランでも走りますよ。ランナー、運動部の朝練もたくさん見かけています。しかも7分/kmペース走の私を抜け出すことが多い(笑)。まっすぐな道で走りやすいのが人気と言われます。ストレスなんか吹っ飛ばせ!頑張れ!父さん。

北海道大学キャンパス

JUGEMテーマ:スポーツ

 

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/638

TrackBacks: