「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

<訂正>写真が届きましたので一部修正しましたのでご覧ください。

インターネットでオールスポーツを検索し、閲覧パスワードを入力して北オホーツク100kmマラソン写真公開を開いたら私のはかなり別人。そう、昨年と違ってデブランナーだ(気に障った方ごめんなさい)妻は折返し21kmを走ってる私を載せた写真を見て「いいフォームしてますね、しかし凄い体型が」と話していました。大会前までは暑さのせいでドタバタ走が多く不安だったのに本番のとき丁度いい涼しくて腕はリラックスして、肘を後ろに真っ直ぐ振るフォームでしたのですごく気に入って妻の完走写真と一緒に注文しました。

画像は北オホーツク100kmマラソンの時76kgくらい。どうせ筋トレやるなら理想の体脂肪率を目指してみたい。デブランナーでもやる気満々だーっ!!

そういえば昨年北オホーツク100kmマラソンで走行中、100km(水色ゼッケン)参加の私は80km通過のとき、背中を丸めて歩いていた50km(黄色ゼッケン)参加の太目ランナーが目立っていた気がしました。あの頃は暑くて気温が35度だったよね、自分も「頑張れ」と気力がなくてダラダラしていました(笑)今年になってから新薬フィコンパのおかげで発作を減らして昏睡も無くなり、その代わりに激太りするのは思わなかったし、6月に原因の分からない肺炎を発症してしまい呼吸機能の低下が起こしているハメに。一番辛いのは服用している薬だけど先回、転院で初診した結果は「軽いてんかん」と判明されました。ジムで筋トレを続けていますが、ランニングはとりあえず無理しないように走りますから。北海道マラソンが2週間に迫っていますが、夏のお祭りのようにワイワイしながら走りたい。太目ランナーってダイエット目的だそうで初めから苦しいと思うが下手にしたら膝故障、挫折も・・。私の場合は今の体が重いけど筋トレと両方してるし、最適ペースを把握を出来るから自分もデブランナーだって走り続けますから「負けてたまるか」。

完走出来なかった私と私のために賭けてくれた50km完走した妻とペア写真。公開していませんが、左は長女の結婚写真。

北海道マラソンまであと12日

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/571

TrackBacks: