「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今月4日知人から勧められた転院で初診を受けました。「はじめに気を失ったのはいつですか?」と聞かれて全てを告白しました。しかし車の運転は、発作が2年間ない状態でないと免許は取得できませんとのこと。今回は脳波検査と血液採血を行いましたが、脳波検査は今度使用する可能性のある薬5種類を考えて決めているためだそうです。検査後、結果は脳波にははっきりとした異常はありません、軽い変化しかないというのはてんかんとはいえない。薬で良くなっていると思います。血液にはコレステロール、LDL他に2項目基準値より高いとのこと。つまり軽いてんかんと言えようだ。

薬について前の病院のデータを見てトピナ錠が1錠から2錠に増えたのは何故?と聞かれて私は「頭痛多くなったし、不安でたまなくて2錠にして欲しいとお願いにしました」と言ったら「抑える薬ですから分かります」と専門医がおっしゃってくれました。どうしてもフィコンパが嫌なので気が重い気がするのでいきなり減らすのは危険なのでとりあえず量はそのままにして徐々にコントロールするようにするそうです。服用している薬は1日イーケプラ錠500mg×2、トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠4mg×2、気分を良くなるため追加した薬25mg×1。追加した薬の副作用はアレルギー、皮膚弱いに勧めないそうで何かあったとき病院に来てくださいと言われました。それに説明シートをわざわざ入力して私に渡してくれるなんてそれが専門医の仕事だなと感心しました。サプリメントとプロテインを専門医に見せたが、今まで例になかったみたいそうです(笑)サプリメントは大丈夫ですが、プロテインなんか必要というわけでないのであれば止めてください、普通はあまり関係ないけれど薬の吸収で少し影響があったかもしれませんねと専門医の回答。薬の相談で私の悩みどころを見た専門医がなんと手話で「大丈夫?」を表現しました。それで不安をぶっ飛ばして心をゆったりとした気分で落ち着きました。

転院を勧めた知人は福祉に関わる仕事を働いています、私のブログで持病を知ってびっくりして働いている施設を利用している方々はてんかんが多く札幌のてんかん専門外来1である病院をお勧めしたいとメールを頂いたきっかけです。昨日4日初診終わってなんだかスッキリした気がして妻からみて「立ち直してるみたいね、これから始まったばかりなので自信を持て!」と言ってくれます。知人さん、そしててるてるまんさんの生き方、色々アドバイスありがとうございました。頑張ってみます、だから「負けてたまるか」。

専門医の指示に従ってプロテインをポイっと!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/568

TrackBacks: