「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

先回まで呼吸能力が低下していくことが分かりましたし、ショックを隠し切れないですが、宿題はまだ片づけていません。

12日・・ランニング12km

13日・・ランニング6km、筋トレ20分

14日・・トレッドミル4km、ランニング17km

15日・・ランニング9km、筋トレ25分

累計52km、総距離114km。

暑さが続いて熱中症で腿を高く上げず全く走れない状態だった。落ち込む場合じゃないのでウォーキングをこなしました。本当は競歩でもしようと思ったけど早歩きをしてるのではないだそうです、ポイントは競歩に必要な腕の振り方や足の運び方のドリルです。そのためには重心移動がスムーズでなければいけません。早く分かればチャレンジしてみたかったのに大会は来週なので間に合わない。私は無茶無茶なことしたら筋肉痛を起こしてしまうから。15日私たち夫婦は豊平川河川敷真駒内方面を走りましたが、先に走った妻の姿が見えず私は自信喪失のようにウォーキングしていました。妻は片道1時間予定だったがあまりにも暑くて15分縮少して折り返りして復路を走りました、約7km。私は5kmでウォーキングのペースが落ちて妻とバッタリ会って一緒にウォーキングしました。自分が何度も心肺機能が気になってたまりません。

豊平川河川敷雁来方面片道約9km

いよいよ北オホーツク100kmはあと1週間を迫ります。やはり完走見込みは完走0%、失格99.5%、奇跡は僅か0.5%。取りあえず30km関門時間4時間30分までなのでクリアしたい。あとは奇跡しかない、完走は無理だと分かっていても失格されるまで走ります(歩きます)からちょっと悔しいですね。「引退」を考えていましたが、5km、10kmでも走り続けられますように願いたいので持病と闘います。無理せず楽しく頑張るしかないですね。だから「負けてたまるか」。

北オホーツク100kmまであと7日

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/557

TrackBacks: