「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 

ブログを整理してみたら旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」から引っ越しして今年の9月で10周年となります!驚いていますが、特にメインであるマラソンが懐かしくてたまらない。そういえば北海道マラソンで涙を流したランナーの皆さんはどうしてるかなとふっと浮かんでいました。その大会は2008年、大規模を変える前に4時間制限でしたので酷暑の時期だしランナーにとってはなかなか険しい。当時大会応募は申込資格どのハームタイムが1時間50分完走者という条件なので私は2度目のハーフであっさりと北海道マラソン参加資格獲得しましたが、なかなか手が届かないランナーもいました。自分自身も道マラ完走目指すとともに周囲の方々と激しまし合うためにブログを開設したきっかけです。それも自分がろうあ者でありながらアピールしていました。道マラ初参加は2006年より2年連続失格、2008年は残暑でありながら初完走で涙・・・。ブログなど知り合ったランナーの方々は挨拶、筆談が殆どでしたが、コミュニケーション手段は雑だと気がつきました。でも私は文才ないけどブログを編集する度に全く見知らぬ言葉、あるいは普段使ってない言葉を覚えることが出来ます。幅広いランナーのブログのリンクのそれぞれを久しぶりに拝見したらブログ挫折、体調崩れで病気、記録狙いよりファンランで楽しく走る、自分の幼かった子供が中学生になったとか色々な人生を送っていることびっくりしています。特に道マラ初参加と同じランナーは以前、手術してしまいとりあえず応援に廻していますとブログに書いてあったことはショックを与えて自分も持病だし辛いのはよく分かります。ただ悔しいのは情報を耳に入らないのが欠点ですね。私は本格的してから4年後ろうあ者が普及しておりその2年後の2011年代表のナスさんがろうあ者と健聴者(手話サークル員)が一緒にグループを作って活動している念願「ロベック」チームを発足してくれました。札幌手話サークル連絡協議会会報のなか、チームをインタビュー特集したことありましてどの手話サークルからランナー、応援として入会してくれます。手話教室ではないのでろうあ者と触れ合うから通じ合っています。最近、サークルでなく独学手話教室を実施していると聞いていますが、それは喜ばしいだが手話を教えるのはろうあ者の役目ですけど、聞き取り指導のチェックはろうあ者は難しいですし、デメリットもあります。会話がずれるとか会話が成り立たない人もいると思いますが、手話でやりとりしながら心の通じ合えるのが一番です、筆談も。先日、古い知り合いとしてはトライアスリート、我がチームのお得意なウルトラのお二人がサロマ湖ウルトラマラソン10010回目完走のためサロマンブルー申請したそうです。本当におめでとうございました。持病を別として肺炎は良くなってそろそろ練習を再開しますが、かなり不安ですけど。12年前にランニングを走り始めたと違って楽しく走ってますが、持病と闘いは続けていますので「負けてたまるか」。

今回はリニューアル10周年記念として色付文字

文章力下手だし小学生低学年レベルなんで頑張って更新します、笑い事ありませんから。ダウン症、盲目の人もアスリートをなさっていますので自分と同様に「言葉」を覚える、コミュニケーションの工夫を頑張るのです。意見とか情報不足気味な私に知らせて下さると有難いです。アスリートとの出会いは「仲間」だから励みになります。また「負けてたまるか」をご愛読願います。

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/554

TrackBacks: