「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。
<<prev entry | main | next entry>>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

6月9日、最高気温23度ということで10時過ぎに近所フィットネスクラブに荷物を置いてランニング実行しました。東15丁目屯田通→花畔札幌線を通して走りましたが、茨戸福移通に移動して11時13分・・・。油断禁物なので焦りますが、標識をみてJRあいの里教育大駅まであと1.6kmを表示してあり、11時24分頃でした。先回はサークル終了後15分くらい到着して誰もいなかったから二の舞にしたくないのでドタバタ走りで焦りましたが11時40分頃、拓北・あいの里地区センターに着きました、往路14.3km。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張してトイレを済ませて集会室に行ったらあいの里手話サークルは遂にサプライズ成功できました。そうです、ドアを開けたらエアリスさん会長の目が合って「あ!kentさんだよ」とブログ管理人Tさんや皆さんに伝えて私は照れ臭かった。例会終わって皆さんから質問攻めが・・・「おいくつですか?」「走ってきたのですか?」「北海道マラソン出てるんですか?うちの息子も出てますよ」とか手話で触れ合うことが出来て私は役に立ったかなと思っていました。サークル創立のきっかけであるエアリスさんから「これから昼ランチしますけどどうします?」と聞かれたら「エアリスさんに会いに来たので行きます!」と私は4人と一緒に昼ランチへ。一緒に行けなかった皆様、申し訳なく思っていますが、歓迎されてくれてありがとうございました。エアリスさんとはサークル創立までは私と2人との出会いであります。昼食しながらエアリスさんと昔話に花が咲きました。しかしエアリスさんと私の記憶曖昧して一致しないことがあってその内容を整理で少し修正してみました。

1998年秋、私は1997年に支部役員を下ろしていたのでろうあ相談員から「1日体験手話教室講師依頼していいですか」と言われて受け取りました。サンプラザで実施しましたが、積極的な女性から「私はあいの里に住んでいます。サークルをどうしたら作って良いでしょうか?」と質問されてびっくりしました。私は多分「この教室終わって残ってくれますか、その時話し合いしましょう」とかエアリスさんに伝えておきました。話し合ってから連絡先を教えてもらった記憶があります。当時は携帯電話なかったのでもっぱらFAX送信していたからね。翌年、私は何故か支部役員復活して支部長を就任したのですが、総会であいの里手話サークル創立を議案を提出して採決で賛成してもらい、エアリスさんらにネットワーク会議(支部とサークルとの繋がり会議)に出席してもらい「あいの里手話サークル」誕生でした。あいの里手話サークルブログ公開中。 http://ameblo.jp/ai-syuwa/entry-12269914101.html#cbox


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑某支部創立30周年記念誌より引用(2004年発行)

私の思い出はあいの里というのは地理的は遠いのに聴覚障害者センター運営資金造成の街頭カンパに駆けつけてくれたことですね。それを聞いたエアリスさんは「我がサークルは大勢の方々が参加してくれたから」と誇りを持ちました。あいの里手話サークルは来年創立20年目だそうで年の歳月って早いなと感じています。エアリスさんの口癖?「私は手話下手だから」は相変わらず、「さっき読み取れなくてごめんなさい、もう1回手話表現してくれます?私は長い間手話をやってるのに上達しないから」とハッキリ話してくれます。サークル創立時はエアリスさんとの出会いもあって固い約束を忘れず(?)私は支部長になって、肩書きだけど支部会員や他のサークルの協力があったからこそです。サークル創立してからエアリスさんら何人とともに頑張っていて私は感激しちゃいます。5月28日パニック発作でショックを受けたのですが、エアリスさん、あいの里手話サークルにサプライズ成功して立ち直りが出来ました。帰りに雨が降り始めて慌てて無事に最後まで走りました、復路14.4kmトータル28.7km。浜頓別マラソンについてですが、やはりドタバタ走りはきつい、だけどせっかく立ち直りしてるから「負けてたまるか」。

そういえば甥っ子はまだ未定だそうで、妻からもLINEでメッセージを送ったらかなり迷っています、エントリー締切は今月28日。

JUGEMテーマ:スポーツ

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://kentrunner.jugem.jp/trackback/548

TrackBacks: