「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

今月5日にスイム練習を再開したのはなんと5ヶ月ぶりだ。いざ蓋を開けたら息継ぎは大丈夫でしたが、体が重くなったのとブランクが少し生じるのは悪い影響が大きいと思いました。昨年まではクロールで連続で長距離を泳げた体力があったのに、100m泳ぐのも一苦労。そう、クロールの泳ぎ込みからセット数に変わりました。

再開1回目・・200m×1、100m×6トータル800m

再開2回目・・200m×2、100m×12トータル1600m

再開3回目・・200m×5、100m×6トータル1600m

久しぶりに泳いでみるとしんどさ、きつさに忍耐力が足りなくて、なんだかふりだしに戻った気分。更に泳いでいて肩が上がらなくなったくらい腕を回そうとすると肩に痛みを感じる、それは筋トレで鍛えた筋肉の過労が原因だと考えられます。6日後の再開2回目は200m2本が限度、あとは100mは泳ぎ放題でトータル1600mがやっと。その5日後の再開3回目は200m5本だが300mを泳ぎ込むことがきつそうで自信がなくお預けとなり、心肺持久力を落ちているけど幸いに水への恐怖感はないが焦らず慣れればやれるはず。過去に自分なり2回アイアンマンでのスイム3800m完泳したことは嘘のように信じられない。カナヅチを克服してコツコツと泳ぎ続けて来たから来年でもアクアスロン復活でもしたいと思っています、但しミドルでね。

アイアンマンの思い出が詰まっているし泣いたり笑ったりのロゴマーク付きスイムキャップ。当時はガムシャラに泳いだだけに自分が別人のようだ、あの頃の実力を取り戻せないかね。アゲイン!アゲイン!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

 

2週間毎今月11日診察の日、今までの状況を報告しました。具体的な内容は頭のなか「チーン」と鳴らす鈴(りん)をりん棒で叩くような頭痛を起こしてしまうことが多いこと。ひどいのは「チーン」の間隔が長い時は2〜3時間くらい寝ると治まります。

前の病院は痛み止め薬のロキソプロフェンナトリウム錠を服用しますが、専門医から処方された薬の効き目がありましたか?と聞かれて正直言って変わりはなかった、今の薬物療法が変ったせいもあって痛み止め薬を飲まなくても寝たら頭痛が治まるケースが多い、だけど社会復帰が怖い、不安を感じるという私は自分の意思を伝えました。毎度、薬量をコントロールして減薬する話についてはトピナ錠かイーケプラ錠かどっち減らしてみようかと勧められました。私は迷いながら「前の病院では1回25mgを減らす時期に発作症状に襲われるギリギリが多い」の経過を語ると専門医からはトピナ錠はフィコンパ錠によく似た効果のお薬だとアドバイスがあってイーケプラ錠の数が減ります。現在、服用している薬は1日イーケプラ錠250mg×2、トピナ錠100mg×2、フィコンパ錠8mg×1、気分を良くなるための薬200mg×2。今まで薬の種類や病状によって基本的に2週間分だが今回は初めての4週間分でてんかん発作を抑えていますが、頭痛を発症させない生活を送りたいのです。たまに弱音を吐きますが、くよくよ考えてしまう癖だけど反面に私は「負けてたまるか」をモットーにしています。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

10月7日(土)

2017札幌エンジョイランニグ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(10km)1:11:10

前日に受講したパーソナルトレーニングにあった身体のラインが真っ直ぐを意識したせいか、フォームの修正してるみたい。トレーニングだけでなくランニングにも効率よく走るためのポイントが考えられます(笑)

今季最後の大会は北海道マラソン予定でしたが、「引退」をお預けしたため北海道ロードレースでも迷っていました。トライアスロンに関するアイアンマンなど、北海道マラソンを支えて頂いたボランティアの活躍しているマニアさんから「札幌エンジョイランニングにエントリーしました、5kmデビューします。9分/kmペース走の私でも大丈夫かと」と連絡がありました。マニアさんが目指すは憧れのトライアスロンなのでバイクマニアっていうか走りまくっていますが、スイムやランは未熟。私はマニアさんの力になって上げたいと思って10kmの部エントリーしました、駅伝など全種目は同時スタートで5km周回コースを5kmは1回、10kmは2回を走る、みたいな感じでレース。モエレ沼公園では殆ど外周遠路を走るのが多かったですが、今回のスタート・ゴール・受付は陸上競技場が内周にあるとは知りませんでした。気がついたことは先週に応援で行った札幌マラソンなんか全体的にやる気満々でメラメラしていたのに今回の大会はそうでもなかったし全然足が速くないランナーっぽいが多くてマニアさんは「これが大会に相応しいエンジョイだよー」と言ってました。

開会式でしもの先生の「あへあほ体操」指導され、最初は親子ペアラン1kmのスタートが行われました。トップが4分台、最尾が16分台でも小さい未就学児たち一人一人の頑張りが随所に見られました。いよいよ全種目スタートして私はマニアさんと並走で走りましたが、いつのまにか後ろに誰もいなかった。それでも構わないのでマニアさんが無理しないようにペース走を走るのが精一杯だし、脚も故障したくないように心掛けている本人はうまく9分/kmペースを保っていました。1周をクリア時はマニアさんが初完走、私の残りの5kmはハイペース6分/kmペース予定だが、今季出せなかった5分/kmをだめもとで走りました。看板の距離表示がないため距離感が掴めず後半失速して歩かず完走しました。常に22分〜24分なのに随分落ちていますが、1周目は並走で9分/km、2周目は久々の実力5分/kmのペース走を無茶苦茶凄すぎてきつかったけど私にとってエンジョイランニングと言えるだろう。たまには「負けてたまるか」とムキになるのはいいですね(笑)。「一人だとすぐに歩いてしまったかも。歩くことなく本当の意味での完走を果たすことができ大変うれしく思います」とマニアさんに感謝の言葉を伝えられていて私は本当にお役に立ってて良かった。

<男子10km27人中25位>

05km・・・・・・・・45分27秒

10km・・・・・・・・25分43秒

JUGEMテーマ:スポーツ

我がチームつどーむ組の練習会のスケジュールは先月28日、今月4日に実行しました。先回の参加者が6人、札幌マラソン前のためそれぞれの軽くインタバール走、マイペースを走りました。私は7分/kmペースで8kmでしたが、タイムは約58分。超遅いだが、昨年まではダラダラのんびりマイペースを走ると6分/kmなのに考えられないですね。今回は集まりが悪くてつどーむ練習会中止ということで夢ちゃんは外ランニング、私はジム、それぞれのフリー行動。が、気が変ったので札幌つどーむで1人ランすることに。既に走ってるサロマブルーさんもチームの一員ですが、毎度早めに20時頃に終えて「頑張ってください」とランニングコースを出ました。残った私は1人で無理せずマイペース7分/km走りながらマラソン初心者の思い出を懐かしんでいます。冬の季節に雪道ランニングが苦手のため室内をよく利用しているのであの頃のハイペースが5分/kmペース走くらいでした。フルマラソンへ向けての練習には体力・持久力をつけることを目的とした75周30kmを走ったことも。もう二度とその頃に戻れないけれど今でも遅く走れるのできっと神様はまだ私に楽しむ余地を残してくれると思います。今回のメニューは10kmまで約69分、2kmが約11分トータルの走行距離30周12km、久々のビルドアップでしたので凄くしんどかったな。今日7日は今季最後の大会である札幌エンジョイランニング10kmに参加します。

2階ランニングコース1周400m、スタートゴールエリアで撮影。気がついたら髪が伸ばしています。1ヶ月半毎に坊主刈りにしてますが、これからは髪を伸ばしてみようかな、7月以来だから(笑)。私のモットーは相変わらず「負けてたまるか」。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

北オホーツク100kmマラソンで予想意外に70kmを走破して感無量になって、ようやくランナーを続行する一方、自分は何をやりたいことを生きてみたいと決めました。おかげで色々な抱負を語っているのを聞いていると私がその人たちを羨ましいことは分かりました。てるてるまんさんからたまに激励のコメントを頂いていますので彼も癌ステージ1を克服して好きなトライアスロンを諦めなくて2年前に復活して頑張っています。肺気腫の検査は必要不可欠だけどきちんと健康管理しながらそれでも完走はもちろんだが、無理せず楽しませるのが一番だと言っています。

もうひとつは北オホーツク100kmマラソンでお世話になった手話通訳者のこと。手話通訳者の申請は地元通訳依頼して手話通訳者の調整しながら宗谷総合振興局という広域派遣の流れとなります。大会開催地は浜頓別町ですが、通訳者には浜頓別町はもちろんですが、稚内市、枝幸町から派遣しています。統一試験で受かった手話通訳者は宗谷圏域ろう者が少ないしまたはろう者がいない町でも普段から手話で会話する機会もなく、サークルも無く勉強する機会が殆ど無い地域に暮らしているし、更に現場通訳は札幌との差が大きい。普通だったら通訳や会話する機会もなくせっかくの手話を用いていないのに挫折してしまうかもしれない。手話通訳者の皆さんが通訳を目指したきっかけに辞めないと思います。だから色々な人の出会いから学んだ気がします。明日6日よりジムでパーソナルトレーニング受講しますので効果はどうか分かりませんが、自分の努力次第ですから何事にも積極的に取り組んでいきたい。

トレーナーさんとのコミュニケーション手段は筆記ですが、「吐く」と「吸う」は身振りの合図を覚えてもらってくれます。先ずは肥満な腹部の脂肪を落とすこと、体重を減らしたい。そして薬の副作用なんかに負けてたまるか。

JUGEMテーマ:スポーツ

幌平橋で応援は初めての体験

ランニング日和、秋の札幌マラソン大会を開催。私にとって2005年いきなりハーフデビューを果たした思い出深い大会だ、今年は出ないはずなのにやはり10kmでも走ろうと決心した。思ったらエントリー締切に間に合わなかった、応援隊に廻るハメに。我がチームからは出場する5km1名、10km3名、ハーフ5名、応援隊が数名でしたが、会場場所取り応援と幌平橋応援の2班に分かれていました。私は寝坊のため(病人は辛い?)幌平橋へ行くことになってメンバーはチーム1人の通訳さんと待ち合わせしました。その通訳さんは付近に自宅なので毎年幌平橋から河川敷に降りて応援する習慣なのです。実は昨年、私の長女の結婚式で手話通訳者を務めた者です(笑)トップランナーがやってきて私の特技な拍手を送ってどんどん大勢のランナーが走ると幌平橋が揺れている!「通訳者さん今揺れたけど地震かな」と聞いたら「ランナーが走ってるからこうなるよ、北海道マラソンなんかもっと揺れるよ」と応援団長のこと通訳さんが語ってくれたので体感通り震度2くらい怖かった。応援団長に「河川敷に移動しましょう、真駒内方面へ」と言われて私は返事するとき「了解」自衛官挨拶ポーズしながら「よしっ行け」と意図を出した応援団長と私は乗り過ぎじゃないか?(笑)歩きながら声援、拍手を送ったら知り合いの知的障害者(名前忘れたので障害名掲載はお許しください)が走っているのを発見!応援団長に知らせたら「頑張れー」と送りましたが、「うるせぇー、がかぉー」とお礼した知的障害者。発達障害なので的確な言葉が出てこない可能もあり、きっと「頑張ってるよ」と言いたかったかもしれません。今から思えば2009年札幌マラソンで私が伴走者としてその人と一緒に10km走ったのですが、1人でハーフを走れるのは嬉しい。でも我がチームの皆より速い・・。もうひとつの発見は地味なTシャツに見覚えがある背チーム名が・・、持病で通っている病院のマラソン部なんだ。しかもスピード感がなくヒーヒーと頑張って走ってる姿は新鮮でした。幌平橋から真駒内セキスイハイムスタジアムまで約4.5km徒歩しましたが、一番感じたことは最後尾ランナーが頑張っていたこと。私も見習いたいくらい、一からやり直して、ちゃんと5kmか10kmを始めたくて無理せず走りたい。走れないわけじゃないからね。

大会の青空にアドバルーンが浮くとは(笑)

公園内について2時間台ランナーを懸命に拍手を送りましたが、ラストスパートはさすがに苦しそうなランナーが目立ちました。チームの白髪坊主さんのタイムは1時間49分59秒だったので、本人が「50分台が嫌だったので思いっきりラストスパートしたらなんとか50分台を切った」とランナーとしてプライドを語ったのです。それを聞いたら思わず爆発して昔のことは思い出す〜とまた走りたくなりました。白髪坊主さんの奥様も遂に5kmデビュー!33分台でしたが、完走でも素晴らしい。私はまた拍手する癖で褒めたたえたら奥様が恥ずかしそうに笑顔があふれたのです。札幌マラソン応援は2回だが、1度目はバイク、今回は応援団長とともに巡回しながら上司と自衛官ごっこは楽しかった。それから続行する筋トレで肉体改造を目指したい、そしてランニングも一からやり直しだ!だから「負けてたまるか」。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

27日診察の日、2週間の間に発作を発症無しを報告し、薬量をコントロールして減薬する話を相談しました。8月に追加した気分を良くなるための薬は最大25g×3(75g)なのにアレルギーや痒みが無ければ増やして、残りの薬は定着していくことになります。今後については私がインケプラ錠とトピナ錠を無くしてフィコンパ錠は嫌だけど再発予防効果気分安定薬が重要なので続けたい希望を告げました。現在、服用している薬は1日イーケプラ錠500mg×2、トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠4mg×2、気分を良くなるための薬100mg×2。激太りして75〜77kgを保っていますが、有酸素運動しても体重を落としてないと言ったら専門医に「それは素晴らしいのではないか」と褒められました。複雑な気持ちだが、ダイエットして肉体改造するためパーソナルトレーニングを受けていいですかと聞いたら許可してもらいました。診察を終えて直ちにジムに寄ってトレーナーとパーソナルトレーニングについて相談しました。受ける人は60分が多いし月2〜3回が殆どだそうで私の肉体改造計画は週1回30分でつまり月4回になります。月4回で生活のリズムに合わせやすいですか?と私へ確認するためトレーナーから聞かれました。そのトレーニングは有酸素運動は要らずバーベルを使った筋トレなんです、女性のダイエット方法も。私に対してはフリーの時、ランニングは楽しみのひとつだと思うので辞める必要はないですし、筋トレの後にランニング20〜30分程入れて頂くと脂肪燃焼に繋がりますのでむしろ上手に取り入れられると好都合です。ただ、ランニング60分だと筋肉がランニング(持久力が優位)に慣れてしまい、細くなりやすいと言われていますとアドバイスがありました。ますますやる気満々だ。ところが金銭面の事情で2週間ごとに1回30分に決めて受講することになりました、来週6日より始めます。

さてトレーニングに応じた目的は‐しでも肉体改造したいが先ずはお腹の脂肪を落とす体重減らしたらマラソンには一からやり直すので10kmを始めたいパーソナルトレーニングで効果が出たら筆記の感謝を込めてトレーナーさんを喜ばせてやりたい。だから「負けてたまるか」。

先回お知らせした通りに自宅から交通機関を使わず徒歩で街中にあるフィットネスクラブや持病で定期的に通院するため歩くのがマイブーム。徒歩所要時間は大したことないからランナーの皆さんだってそうだと思っているはず。最近、秋の気配を感じる頃めっきり寒くなりましたね。

JUGEMテーマ:スポーツ

ジムで何人かパーソナルトレーニングを受ける姿を見て自分も試してみようと思ってパーソナルトレーナーは知識を持っているので安心していられるからパーソナルトレーニングについて相談してみました。以前にもインボディ測定の検査表の見方や理想の基準値について説明してもらったのできっかけに質問攻めしてトレーナーの話ではパーソナルトレーニングのメリットは有酸素運動不要、自分の体脂肪率は13%くらいと聞いたことを覚えています。私は12年間、ランニングや筋トレの片方あるいはたまに両方をやっていますが、ランナーになる前に毎回自己流トレーニングは体脂肪率を落とすための運動として有酸素運動20分(約3km)、筋トレマシン、ダンベルというメニュー。いつのまにかランニングにはまっており半年後に札幌マラソンハーフをデビューした経過があります。相談や質問など丁寧に筆談して下さったことは助かりました。パーソナルトレーニングを受ける利用者のなか、女性もいらっしゃいますが、ダイエット目的が多いし、男性で体を引き締めたいという人が多い。私のことについてもしかしたら身体がランニングと筋トレの負荷に慣れてしまい変化がしにくくなっているかもしれない。筋トレのフォームを改善したり方法を立て直すことで新たな刺激を身体に与えて変化させるのが良いと思います。人間の身体は楽しようとするので全く違う方法で反応させるのがポイントだと考えています。年とともに筋肉はつきづらくなるって言われていますが、正しい理論も元にしっかりやれば年齢関係なく筋肉はつきます。年齢関係ないことを聞いた私が勇気づけられました、やりたくなりました。しかし薬の副作用には有酸素運動しても体重が減らないし75〜77kgを保ってしまうのでやり直して再びダイエットから肉体改善に挑んてみたい。そのことは持病で通院している専門医と相談しないと分からないし、プロテインも禁じられています。もし許可を得たら心の準備をしておいてから決めるつもり、だから焦らなくていいし有酸素運動も続けるから「負けてたまるか」。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

参加賞Tシャツサイズが決まっていて、激太りまではSサイズでしたのでそれは身丈の長さに拘るんです。裾がパラパラするのが好きじゃないし、胸囲がびっしりついているのが筋肉質に見える。それは脂肪を燃やしてくれる有酸素運動だから胸板が厚くならないのです。ところが薬の副作用で太っていてSサイズだと腹が裾からはみ出しているのでギリギリ隠れるくらいMサイズが合っています。おまけにムキムキとした厚い胸板に変身。痩せていた頃は61kg、体脂肪率が12%だったが、現在は75〜77kg、約23%に脂肪量を7.6kgを減らすべきだが、腹部脂肪が目立ちます。筋肉と脂肪の割合では骨格筋量と体脂肪量と体重の3点から体型診断でいくと肥満体なのにバランス標準型だそうです。12年間にランニングと筋トレで作り上げた筋肉なので今後のメニューを変えてみたいと考えてます。近日にジムのトレーナーとパーソナルトレーニングについて相談してみたいと思いますし、カウンセリングも欠かせませんね。本気で自分を変えたらいいな、だから「負けてたまるか」。

左が2008年一番痩せていた頃にスイムを苦手意識を克服しようとガムシャラにやってこられた。右が今年9月撮影時Sサイズ着用。メタボ腹でもないのに筋肉量があると思えない程お腹の出っ張り、本気で自分を変えて見たいこの頃。

筋肉痛は風邪が原因で起こると言われていますが、スポーツに関係なく全身の関節が痛くなるのです。なので無理せず休養して筋肉痛を改善させましたので今日よりトレーニング再開します。4日間は長かったな。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

我がチームつどーむ組は18日の円山公園ラン企画予定でしたがあいにく雨天中止、20日の練習会を行われました。参加者は夢ちゃん、最近メンバー加入した長身マンさん、私、そしてサロマブルーさんの4人。だけどウルトラ軍団と掛け持ちで頑頑張っているサロマブルーさんは先に走っていたので19時過ぎに私たちは合流しましたが、彼と一緒にするのが何年ぶりであろうか。20時になり、サロマブルーさんが淡々とした帰るところにチームの一員なので「毎週水曜日に練習会を実行するので良かったら来てください」と情報モラルを知らせました。夢ちゃんはインタバール走→ウォーミングアップ→インタバール走→ウォーミングアップ、長身マンさんは5分30秒〜6分ペース走、私は7分ペース走を8kmでなんと57分04秒が超遅い。ランを終えて長身マンさんがトレイルランを初体験して面白さにはまって語って頂き、心臓を強くするまたは健康な心臓を保つためだそうです。私は相変わらずトレイルランに興味がないけど情報から影響を受けてくれる長身マンさんに感謝。来週も練習会を行いますが、札幌マラソン前なのでインタバールを控えてそれぞれのマイペースを走る予定。

10月1日の札幌マラソンに気合を入れているつどーむ組。しかし私はエントリーを見逃したため応援。

マイブームは車の運転は一応禁じられているため、交通機関を使わず徒歩で街中にあるジムまでの片道23分の道を歩いています。大雨の警戒期間に何度も体が冷えたことがありました。21日の朝、胸の筋肉痛っていうかはっきりと言えば気管支の痛み、痰が酷いという発症。そういえば6月肺炎と似た症状だったので「もう二度はごめんだ!」と病院へ駆けつけて行きました。撮ったレントゲンの結果は異常は無しでしたが、点滴か薬か迷っていた医師は今回はとりあえず5日分飲み薬で様子してもらうとのことでした。帰宅して急に体がだるくて1日寝込んでしまいました。薬はもうやだ〜、風邪薬は5日分。ジスロマック錠250mg1回×2錠(3日分)、アンプロキソール錠15mg3回×1錠、アストミン錠10mg3回×2錠、シングレア錠10mg1回×1錠。もう年だから回復が遅いだし、油断は禁物だからね。だけど走れないわけではないからそれでいいんだ、私のモットーは「負けてたまるか」。

JUGEMテーマ:スポーツ