「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

珍しく4週間分をてんかんノートに記入せず「良好」でもないし、気になるところを口頭で伝えました。‘鳴りが減ってる頭のなかの意識が朦朧とした症状が2回くらい。前回、生活リズムを改善するために試しとして新しく加えたマイスタン錠は最初に効果が大きい。と思ったらまた職場の環境の変化でかなりストレスを溜まり「中途で目が覚める」ことで生活リズムを崩してしまう。それは21時頃転寝、25時起きてその後27時就寝する生活リズムが1つのパターン。大して変わらないが、反面、マイスタン錠のおかげで頭鳴りがよくなったこと。毎度薬量をコントロールするなか、フィコンパ錠を増やすか迷っていましたが、結局マイスタン錠0.5mgを増やすハメに。妻が「かなりひどくなってるので今の仕事を辞めたらどうか」との意見がきっかけで専門医と業種について相談しました。コツコツ黙々作業に合った事務職に頭痛がなければ大丈夫と言われて、快い気分になったのに私は落ち込んでいました。「なんでこんなことになったのか悔しい。健康だった3年前までに戻れない」と本音を吐いてしまった。専門医から「事務職に慣れればフルタイム可能です」と筆記で言われ「大丈夫」と手話表現してくれました。現在、服用している薬は1日トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠75mg×2、マイスタン錠10mg×1。はーっ、4週間の間に2回増薬量しているけど悲しんでいるのは私だけでなく妻だし・・。もうそれ以上心配をかけたくないと思っています、頑張れ!父さん。

以前にろうあ相談員から情報提供を頂いたことあったけど、病院でも広告として貼っています。迷っているが、参加するなら妻と一緒が一番です。

JUGEMテーマ:スポーツ

6月前半トレーニング内容

01日・・筋トレ50分

02日・・ラン16km

03日・・ラン19km、スイム1000m(100m×10)

04日・・筋トレ45分、スイム1000m(100m×10)

05日・・スイム1200m(200m×6)

06日・・ラン9km、筋トレ40分

09日・・ラン5km、筋トレ40分

10日・・ラン14km

市民大会トライアスロンを応援したおかげで復活を意識しています。甘くないのは分かっていますが、スイムは初心に戻ったような感覚を受けて3日連続のなかセット数を1回200mで精一杯。焦らず、急がずゆっくりマイペースで泳ぎます、頑張れ!父さん。

14回目のパーソナルトレーニング受講、カウセリング時トレーナー曰く6〜7年くらい本格的にランニングしてないのでもっぱら筋トレ一筋。ダイエット期間はトレーニングの後に20〜30分は良いみたい。正しいフォームをやるってところにもっていくまで最初は難しい。今は「胸」「腕」が大分良い感じなのでこのまま他の部位も感覚を掴んでいくと良いと言っています。

今回は胸の新しい動きの種目はベンチプレス。以前やったことがありますが、どうせ正しくないフォームで効き目がなかった筈。やり方はいつものチェストプレスとそれほど変わりません。

ベンチプレスのフォーム作りは‘の位置→バーの下に鼻と口がくる辺り握り幅→ラインに中指あるいは薬指がかかるくらいBの位置→座って手前に持ってきて大体膝が90度くらい曲がる。ここまできたらチェストプレスと要領 銑までは一緒となります。バーを外したらバーは胸の一番高い位置に降ろす、軌道は真っ直ぐ。<良い例>大体乳首の下辺りが目安。<悪い例>首の辺りにバーが来る。あと注意点はバーを外すとき肘を張って外すのが良い例、肘かねた状態のが悪い例。マシンのチェストプレスより重さがビシッと乗る感覚、ベンチプレスは「やばいやばい」ってなるのが発達を促してくれるのでメリット。皆がよくベンチプレスをやる理由は楽しく、重さを扱えて体も変わりやすいからです。

私の感想は「力こぶより二の腕にはまっている」それを聞いたトレーナーが「上手に出来てくるとメリメリします。筋肉が張り出すような感覚なので楽しいですよ。自分も好きなトレーニング部位で反応しやすい」と言ってます。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

市民大会トライアスロン2日目応援しに行きました!自宅からモエレ沼公園までは約7.5kmだが従来45分なのに今回は65分走ってかかりました。そっと大会を覗いていたらなんか迫力半端なかった気がしていました。ろう者不参加、手話通訳者不在そしてジュニア時代から育った青年もいないし、知ってる人も少なくなって寂しげな印象が強い。私はコミュニケーション不可能のため拍手しかなかったので周回コースやフィニッシュ前に師匠・のび太さん、時々コメント投稿のてるてるまんさんとハイタッチもしました。TUJIWAさんも応援にやって来て一緒にトライアスロンを始めた時が懐かしく二人でフィニッシュラインを眺めていました。そのお蔭で感受性が強くなりました。

おまけ)TUJIWAさんと一緒にデビューしたのが2008年。45人中TUZIWAさん:S44位B44位R44位総合44位さすがギリギリマンだ、私:S45位B41位R13位総合43位。後方がフィニッシュライン、ガムバックはいつになったらガッツポーズでゴールするだろう。

さっぽろ夏マラソンってふっと思ったのは旧夕涼みマラソンじゃないかと。主催マラソン大会スケジュールを見て一瞬に思い出したのだ、さわやかマラソン(旧みどりさわやかマラソン)、さっぽろ夏マラソン(旧夕涼みマラソン)、秋の健康マラソン(旧健康マラソン大会)。主催はなんかの事情か知りませんが「サンシャインスポーツ」から「NPO法人北海道ライフスポーツ推進協会」に変わっているのでグッドタイムスポーツクラブはマラソン事務局として協力することになります。最盛期、よく参加していたなと懐かしんでいます。先回の記事も同様に10km、5kmのペースメーカーとして走りたい強い意思を指します。10km70分台の妻へ60分ベスト更新してみたい?私がペースメーカーとして一緒に走ってみる?と誘ったら拒否されました(笑)。走るの苦手な健聴者、健康に問題でなければ体を動かせる喜びを味わってやりたい精神薄弱者、知的障害者でも挑戦者を捜していく最中。どんどん夢が実現するようにパワーで頑張れるから頑張れ!父さん。

【今後のマラソン大会スケジュール】

●7月北オホーツク100kmマラソン

●8月北海道マラソン

●10月道外マラソンにエントリー予定

JUGEMテーマ:スポーツ

5月後半トレーニング内容

21日・・ラン7km、筋トレ40分

22日・・スイム1000m(100m×10)

23日・・ラン9km

24日・・ラン10km、筋トレ20分

27日・・ラン17km

28日・・パーソナルトレ受講

30日・・ラン11km

月間走行距離:ラン205km、スイム1000m

てんかん薬マイスタン錠を加えた結果は病状に変わりがある。職場の座席は人に配慮するので帰宅後にてんかん発作の病状として頭痛を起こしてしまう日課となっています。ひよっとしたら私にとってはてんかんによる頭痛にはマイスタン錠が合わないと思うので次回の診察で相談したい。その関係で今月後半はちょっと筋トレのやる気が出なくありゃ、あかんと自分を責めましたが、環境に影響が生じる。スイムは久々泳ぎましたが、気がつけば泳ぎ始めてもう10年になるんです(笑)。2年前までの泳ぎ込みや楽々ロングは一切挫折してセット数を泳ぐことにしました。

上記大会100kmにエントリーしました!

自分は50km完走可能だというのに運動能力の低下が起こる不安を過ぎる100km完走微妙。私が午前5時スタートしますが、5時間後に50kmの妻が走り始めます。制限時間は100km14時間、50km9時間にフィニッシュは19時までだから最終目標は私たち夫婦でゴールテープを切ること。2年前より体重増加でデブランナーに見違えますが身体が重いけど100kmは自分と闘って走ります。頑張れ!父さん。浜頓別派遣手話通訳者の人材がなかなか厳しいらしいと聞く。

右から2008年、2009年、2009年、2010年、2010年そしてデブランナーが2017年。すげぇ体型が変化してる〜。特に最盛期だった2010年は一番痩せていた頃かな。

ウルトラ100km3回参加(2勝1敗)2011年10時間40分(22.9度)、2016年13時間48分(25.4度)、2017年70kmリタイア(21.2度)[気温は気象観測データより]

2008年から9年連続エントリーしましたが、2016年は最後の参加。初出場は確か50人程なのに最近70〜90人に拡大している。本大会は初心者向けスプリント・ディスタンスでデビューも多く出会いが生まれる。経歴が長い人も参戦しますが、ひたむきにトップを争うくらい、なかなか観戦者を楽しませるアットホームな大会。我がチームトライアスロン組に残された若おっさんが今年はエントリーしてないため今日2日か明日3日のどちらか応援しに行こうかな。

北海道森林スポーツフェスタは初めて聞くけどカデコリーのなか3kmの部はもちろんペースメーカーを務めたいので挑戦者を捜そうと思いつつ前日にプライベートで先約ありそうで当日は当分行けないかもしれない。反面に先日に言語聴覚士国家試験試験を受かったトライアスリート健聴者から私に「ペースメーカーという道を見つけたんですね。応援しています」と激励に寄せられました。

JUGEMテーマ:モブログ

5月中間トレーニング内容

11日・・ラン3km、筋トレ35分

12日・・ラン9km、パーソナルトレ受講

13日・・ラン8km

14日・・ラン3km、筋トレ35分

15日・・ラン11km

16日・・ラン17km

17日・・ラン3km、筋トレ35分

19日・・ラン7km、筋トレ25分

20日・・ラン16km

5度目のインボディ測定結果は体重0.2kg増、体脂肪率1.3%増、ウエスト0.2cm減と具体的。今回は骨格筋・脂肪が増えてしまい代謝筋がアップして食べて筋肉が消費してくれるのではと考えられます。運動と食事の環境に身体が適応してくれて現状維持がしやすくなったと思います。例えば、私だとしたらここ3ヶ月間に食事4食、トレーニング週4〜5回が環境要図を整える。その環境に適応して身体がこれで維持されるイメージ。薬の副作用で78kg定着のところに80kgを超えることがないため減量したいのに諦めて筋肉量を増加志望。トレーナーが私に対して「薬の副作用の影響がどのくらいでるのか把握出来れば良いのですが。筋肉量を増やすのしばらく続けてますのでせっかくだから継続していきましょう」という指摘をもとに、筋トレの楽しさを求めました。

15回目のパーソナルトレーニング受講は先回のメニューが重い重量とスピーディーで「背中」、コツを掴むまで少し難しい。動きと身体がリンクするまでは何回もフォームを練習するのが大切、あとはイメージを掴む。今回は「腕」「胸」を行いますが、トレーナー曰く胸と腕は鏡で見れる部位なのでやりやすくて楽しいですよ。

■チェストプレス ヘビーでスピーディーなやり方は押す動きがスピーディー、+α押す時に少し顎を引く。それは力が出やすくなるのでヘビーな重さには大切な動きです。胸が一瞬でキュツと絞られる感覚。スピーディーなので筋肉はエネルギー消耗が早い。

■アームカール <力こぶ>座った姿勢のとり方は少し膝を曲げて脇と肘をより閉める感じ。ヘビーじゃなくてもこの種目はつらいので少しスピーディーを意識するだけで十分かもしれない。<二の腕>スピーディーは切り替えし動作で爆発的に伸ばします。寝ころんで腫れてるような感覚に速効性、体感しやすいですが、腕が太くなりますよ。頭の後ろまでバーを通過させると太く見せられて迫力が出ます。感想は正しいフォームは恐るべし、効き目がありそうだ。

トレーナーの言葉に惹かれたのが「重さを扱うことは男性のなかではロマンだったりするのでそれも楽しむのも大切です」とイキイキ魅力的な話。大胸筋を動かしてごらんと言われたらなんとほんの少しピクピク動いた!人生のなか一度でいいから実現してみたかった筋トレの基本要素でしたから感激しましたね。頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

 

従来4週間毎だが、5月は6週間の状況を報告しますが、発作や頭痛など記録を書かれたてんかんノートは専門医に見せます。頭鳴りで苦しんでいたのにラミクタール錠の効果で良くなったこと。先月から頭のなかの意識が朦朧とした症状の不安を過ぎっていたことを話したら「軽いてんかん発症らしい」と専門医が言ってました。さらに専門医が気になるのが「中途で目が覚める」こと。それは平日に21時頃転寝、25時起きてその後27時就寝する生活リズムが1つのパターン。原因は朝トレーニングの疲れと思ったが、そんなに体力が衰えるほどでないので私自身心当たりなのは職場にストレスがあるかもしれない。職場の具体的な内容を聞いた専門医は「おそらくストレスだな」と話しています。生活リズムを改善するためにはフィコンパ錠を増やすか、それともマイスタン錠を加えるか、どちらの薬を選ぶかと言われて私は戸惑い気味。マイスタン錠は次回まで試として眠気で気分が安定なかったら中止するのだそうです。加えたマイスタン錠の効能は脳の神経を鎮めて、けいれん発作を予防する薬。他の薬が十分効かないときなどに効果がありますとのこと。薬はもうこりごりだけどガックリさせるダメージが大きいのは仕方がない、日々の生活のなかで小さなストレスから大きなストレスまで常に色々なストレスを感じながら生きているもんだな。現在、服用している薬は1日トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠75mg×2、マイスタン錠0.5mg×1。

右が「てんかんノート」

本題を変えますが、ちょっとミニエッセイを掲載します。毎朝ジムでトレーニングを実施しますが、天候によってジムから近く北海道大学キャンパスを朝ランでも走りますよ。ランナー、運動部の朝練もたくさん見かけています。しかも7分/kmペース走の私を抜け出すことが多い(笑)。まっすぐな道で走りやすいのが人気と言われます。ストレスなんか吹っ飛ばせ!頑張れ!父さん。

北海道大学キャンパス

JUGEMテーマ:スポーツ

 

連休のなかプライベートで夜更かしが多く不規則な生活により体調が崩れやすく持病のリスクをよく知ってるのに自分が情けない。心配性の予防と改善に一番必要なものは安定した心です。そして、心の状態を整える基本となるのが規則正しい生活。ようやく日常生活に戻り、毎朝交通機関を使わず徒歩通勤ルートからジムでトレーニングを実施するのが元気の源になります。

ランナーはランニングのみが一般ですが、私の場合はランニングと筋トレとのセット練習という異例はもう13年になるが、目標月間走行距離に拘っていません。とにかく量を走るというよりトレーニングの狙いを明確にして強度のメリハリをつけるように心掛けて、ランニングの面でも有意義にやれる。今でも変わらず目標月間走行距離150km、筋トレは昨年よりパーソナルトレーニングをきっかけに正しいフォームを意識しています。頑張れ!父さん。

5月前半トレーニング内容

01日・・ラン3km、筋トレ30分

02日・・ラン10km、筋トレ30分

05日・・大会5km、筋トレ50分

06日・・ラン15km

07日・・ラン4km、筋トレ35分

08日・・ラン7km

09日・・ラン9km、筋トレ35分

10日・・ラン21km

14回目のパーソナルトレーニング受講、先ずはカウンセリングの具体的な内容。前回が腕でスピーディーにやることで強度を上げるのを実感出来たのでこれは他の部位にも応用出来るそうです。ゆっくりは使っている筋肉を確かめる時には良い方法がある。ずっとゆっくりだと「重さ」「パワー」が培われないのでテンポよくやるのがex、ゆっくりで重いと怪我のリスクアップします。基本的に軽い重量でやりますが、スロートレーニングとかは軽いです。これは実践してみないと分かりづらいと思いますが慣れるとスイスイ出来るようになります。一般的に反動を使って上げる、引く、押す、トレーニング的には良くないと言われますが「目的の筋肉を使うための反動」だったら良いです。重くなればなる程、比例して反動を使わないと重量は挙がらなくなってくる、てこを使わないと厳しいです。慣れてきたら少しずつ実践出来たらいいと思います。私からの希望は腕や胸の「重い重量を挙げてみたい」だがトレーナーからお勧めの背中を取り組むことにしました。

背中ラットプルダウンの動きは”を少し内側に入れる∈造覦銘屬尻後ろ。理想は上半身は少し、後方にスライドする(引く時)、そうすると力が出しやすいです、体も運動するので重さが扱いやすい。■戻す動作は少し猫背なイメージで胸を丸める■引く動作は胸を張る。戻すときの上半身の使い方については上半身を前後することで可動域がたくさん使われて種目の質が上がります。終始肘が曲がっていたのが背中に負荷が乗った状態でこれはOK。NGは関節で負荷を支える状態(肘が伸びる)。今のフォームと高重量の時はスピーディーに引っ張ります、スピーディーに挑戦。
胸張る(引く)、胸丸める(戻す)、各動作に手をつけてみると自然に形が作りやすい。それにバーがつくと、ラットプルダウンのフォームに自然となります。高重量は短時間でスピーディーだし、やってる感もあるので男性の方々は結構ハマるのがが多いです。基本のフォームをやって頂けるのでこういった応用にも繋がります。それから腕も力の出し方が変わるだけで根本的な動作自体は一緒です。体で覚えると楽しめますので是非やっていきたいとのことでした。

JUGEMテーマ:スポーツ

5月5日(祝)

日刊スポーツ豊平川マラソン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(5km)42:12

今回の挑戦者は昨年札幌エンジョイランニングにデビューしたマニアさん。彼女は歩かずに完走出来て達成感がたまらないということで今回はベスト更新を狙うはずだが・・。喘息そして仕事と学業の両立に追われてランニングする暇がないので前回よりも更にタイムが遅れそうと自信なさそうに話していたマニアさん。ペース走について私の計画では冬季練習無しだとベスト更新は甘くない、狙うなら前回9分/kmで今回は8分/kmがちょっと酷かな、8分30秒/km42分30秒目標設定と相応しいステップ。「とりあえず1km時点のタイムを1km毎に統一したペース設定でもします?それからしっかりとストレッチしよう」とマニアさんに言った。恥ずかしながらガーミン時計購入してないのでスマホを持ったまま測ります(笑)。先ずはスタートして500m時点3分台だと分かり「飛ばし過ぎ、抑えて」とマニアさんに知らせたが、今度は彼女は暑くて上着を脱いでリラックス走りさせるように私が上着を腕に抱えました。息が切れて一瞬足を止めて呼吸しながら走り出してやや速めに1km通過、この後が上がり板だと伝え漏れていた。さすがにバテバテ気味だが歩くことに1kmより47秒遅く2km通過、やはり8分30秒/kmペース設定を調節します。が、下がり板を走ったら目標より33秒速く3km通過後は距離2kmのフラットコースだが遂に失速してフィニッシュにも9分/kmが過ぎてしまうと諦めかかっていたらなんとラストスパートをかけたのです。マニアさんがベンチに座り込んで放心状態に・・・「完走おめでとう、おーい大丈夫かい?」と私をハラハラさせました。マニアさん本人曰く自己ベスト更新は嬉しいけど内容的は喜べないとのことだけど私は走行中「ファイト!ファイト!」と叫んで力尽きました。平均8分25秒/km。

<自己計測>

1km・・・・・・・・・・7:45

2km・・・・・・・・・・8:32

3km・・・・・・・・・・7:57

4km・・・・・・・・・・8:59

フィニッシュ・・・・8:59

ペースメーカーとして参加した私、右が挑戦者のマニアさん。画像の掲載許可ありがとうございます。

Mさんランナーにリアルなエピソードについて スタートラインに立ったMさんを半年ぶりに手を振ったら私に指を指して発達障害のため何か言ったか、私を覚えてくれたかどうか分かりませんが、Mさんとは知的障害者でありながら9年前に並走したことがある。お見送りしたMさんのお母様が話したのが「だから障害者と言っても家にじっといられるわけでもないから健康を維持するため走るからね」と聞いた私も自分の持病を告白してお互いに頑張りましょうと激励して下さいました。ある意味では一度引退する覚悟したが、走るのを止められず続行して良かったと思っています。

2018年の先発は日刊スポーツ豊平川マラソンの報告でした、なので全ての大会に向けてコンディションを整えたい。頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

4月中間トレーニング内容

21日・・ラン17km

22日・・ラン37km

24日・・ラン6km、筋トレ45分

26日・・ラン8km

27日・・ラン8km、パーソナルトレ受講

28日・・ラン3km、筋トレ45分

29日・・ラン16km

月間走行距離:ラン154km

何年ぶり地下鉄琴似駅、ちゃんと走りに来たので合成写真じゃありません(笑)。

21日創成川通→新道通→琴似栄町通→北5条手稲通→石山通→大通公園3丁目→創成川通(17km150分)

日差しがある上に気温も上がってポカポカの中、リベンジランニングでした。(笑)それは先月末にせっかくのポカポカ春日和なのに風邪で休んでしまったから。過去に13年間在住していた新川通付近、琴似栄町通沿い界隈を懐かしく中央区・東区・北区・西区の4エリアを走りました。琴似栄町通沿いで驚いたことが「イトーヨーカドー琴似店」「イオン琴似店」2つの商業施設なんだ。近隣にあった「エスパ琴似店」を新しいイトーヨーカドーに転換・移設、元々イトーヨーカドー跡地に「5588KOTONI」が誕生したそうです。それから地下鉄琴似駅すぐ近く「ダイエー」が「イオン」に変り、それぞれ経過がある。

22日真駒内公園10周(30km210分)、豊平川藻岩橋→南7条大橋(約7km51分)

個人的は周回ランニングがマイブームです。周回コースのくるくる飽きることなく一定のペースを保って走るのが楽しみなんで迷わず申し込みました。フルマラソン完走挑戦者として参加ですが、7分/kmペースを走るなんて私はしらじらしいだろうね(笑)。当日、スタッフ達、知り合いのトライアスリート、手話フリーのTUZIWAさんと久々に会えて私が活躍したトライアスロンを思い出します。7分/kmペース走コースは10人くらい、ペースメーカーを務める鉄人アスリート女性、参加者の助け人スタッフとともスタートから走っていたが、ペース時間は15〜30秒が狂った。私はペース走のタイムに拘りたくてわざとらしく遅くその集団から離れて一人でタイムを調整しながら周毎助け人スタッフが遅れた私のところに駆けつけてくれて持久走で疲れない走り方などアドバイスを頂き、「無理にしないように」と2回も気を遣ってくれたり、今度は自分は気にしないが腹部肥満のことも腹筋ローラーを勧めました。こちらは事情を話したいのに手元に筆記用具がなく仕方がなかったが、薬の副作用が原因である病気と付き合うのにとにかく生きるのが必死だったし一番辛かったことを思い出して泣きべそをかきました。でもめげない、頑張れ!父さん。最終ランへ向けていつのまにか3人が離脱しており、私は相変わらず集団をより10〜15秒遅く一人で走っていたが、ゴール時は集団2分、自分45秒速く10周完走。練習会終了後、1人で豊平川河川敷を走りながら帰りました、なんてタフな私かな。

五稜郭タワーにて地上と展望台から五稜郭の桜を楽しめます。それも合成写真じゃありません(汗)。

29日函館駅→五稜郭公園→啄木小公園→外国人基地→函館駅(16.3km)

函館プチ旅は妻のリクエストですが、こちらがランニングを取り組んだものです(笑)。海岸線を走る国道278号線沿いはすれ違った何人かのランナーから挨拶してくれる。啄木小公園から函館駅に到着し、時間に余裕があったので外国人墓地まで3.7km標識を見つけ、レッコゴー!妻は目的地はどこなの?ヒーヒーと苦しそうに走ってました。外国人墓地に着いて海と函館の海岸線を見渡せるポイントでもあり、駒ヶ岳などの山々の眺めもいい。半日過ごした函館でランニングや食欲旺盛に満悦したのは妻に感謝。気がつけば月間走行距離150kmを超えてなんとか目標達成しました。

JUGEMテーマ:スポーツ

甥っ子とサバイバル(?)と言われる北海道マラソンに走るのがワクワク。スタートブロックについて昨年までDブロックだが、フルタイムがガタッと落ちてるので1ランクダウンかもしれない。因みに初めて参加したのがCブロック2回、その2年後にBブロック1回→Cブロック6回→Dブロック3回(笑)。甥っ子は間違いなく最後尾だと思いますが、私は自分のブロックを無視して甥っ子のところにスタートラインに立ちたい。しかしプレッシャーがかかる、実を言うと義姉さんがなんと地方から応援に駆けつけてくれることに。義姉さんとはもちろん甥っ子のお母様、昨年の応援に続き姪っ子も合流してもらうのでその親子パパラッチに撮られそうだ(笑)。私企画の「身内のみ打ち上げ」を行う予定、乾杯はお疲れさんでなく何としても甥っ子と一緒に完走を祝いたいですね。頑張れ!父さん。あ、今年はせっかく甥っ子と並走だからランニングスタイルでの格好にするのでプチ仮装をお見送りします。

昨年、披露したプチ仮装。今年は初挑戦の甥っ子と2年ぶり完走を目指す叔父さんと共にはつらつとした、感動する北海道マラソンを見せます!(笑)

4月中間トレーニング内容

11日・・ラン3km、筋トレ35分

12日・・ラン3km

13日・・ラン3km、筋トレ45分

14日・・ラン3km

16日・・ラン5km、筋トレ35分

17日・・ラン12km、筋トレ35分

18日・・ラン11km、筋トレ35分

19日・・ラン7km

20日・・ラン6km、筋トレ30分

今月前半〜中間累計59km、目標月間走行距離は150kmを達成出来るか?16日よりようやく本格的なトレーニングを再開。ランニングをトレッドミルで行っていますが、18日夜札幌つどーむで8km52分、19日朝外でのランニング7km51分はジム以外ランニングを実施しました。スイムはそろそろ泳ごうかなと思いつつ風邪の誤算もあってまた泳げない日が続きます。

JUGEMテーマ:スポーツ