「負けてたまるか」

旧ブログ「筋トレ鍛えるナンチャッテランナー」
筋肉質を目指しながらランナーを導入
筋トレとマラソンの両立で頑張るアスリート
2010年5月本格的トライアスロンにデビュー
2015年、神経内科「てんかん」発症に体調不良で
トライアスロン休止していますが、
いつか市民体育大会で復帰するのが目標。
今でも持病と闘っている中年アスリート。

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

最近申込受付開始されたサロマ湖100kmマラソン、洞爺湖マラソンは我がチームの仲間がとっくにエントリーは済んでいます。私は相変わらず両大会を敬遠していますし、北海道のマラソンシーズンの開幕を告げる伊達マラソンはエントリーしていません。自己ベストを狙いたい初心者から依頼あり私はペースメーカーとして豊平川マラソン5kmにエントリーしました。ペース走の設定タイムは初心者本人に決めてもらいます。

甥っ子の本命マラソン大会は函館マラソンですが、どういうわけか制限時間内にゴール出来るかあやしいところですが出るなら北海道マラソンの方が魅力的と心が揺れているようだ。制限時間は函館マラソンも北海道マラソンと同様なので甥っ子のフル自己ベスト5時間台だから私と並走してペース配分を考えて走ってみたい。もちろん4時間59分達成目標だけど最悪は完走に繋がる最終関門41.6kmを通過することですね(笑)。北海道マラソンのエントリー開始日時は来月4日(日)午後6時。甥っ子よ、迷っているでしょうが、START大通公園が貴方を待ってますよ!私も2年ぶりフルマラソンを完走したい、頑張れ!父さん。

https://www.hokkaido-marathon.com/

2月前半トレーニング内容

01日・・ラン8km

02日・・ラン5km、筋トレ40分

03日・・ラン8km、筋トレ40分

04日・・ラン3km、筋トレ40分

06日・・ラン8km、筋トレ20分

08日・・ラン8km、筋トレ30分

09日・・ラン8km

10日・・ラン17km、筋トレ35分

ランニングは生活の都合上、毎日朝にトレッドミルで走りながら唯一の楽しみは連続テレビ小説「わろてんか」を見るんだ(笑)。最も名脇役の渋い演技が光る四郎役・松尾論もいいですね。その時間帯はトレッドミル利用者が結構いらっしゃいます。

先日、ジムに行くたびにニット帽子にマスクは不審者?怪しい雰囲気ただよう男性から声をかけられました。男性がニット帽子とマスクを外して私はじっと眺めて1分くらいようやく思い出しました、身振り会話では「これからジムに行くところ」「あそこか・・頑張っているだな」「はい、昨年(突然の退会)はごめん。今、パーソナルトレしてるよ」「体に気を付けて頑張れ。またメールするよ」。その男性は昨年6月までお世話になったフィットクラブ内整骨院の先生だった。アイアンマンなど大会前に徒手療法を行ってくれたり、てんかんの持病告白を聞いた先生に驚かれた様々な追憶、今回は思いがけない嬉しい再会でした。

JUGEMテーマ:スポーツ

4週間状況は昨年12月と同じくガラス割れた頭鳴りに似た症状が時々発症しますが、ちょっとも痛くもしない。それから周囲が騒々しい環境でいくと気分が悪くなるのを具体的に報告しました。「騒々しい環境」の件を聞いた専門医はよくあることとうなずく。毎度、減薬量をコントロールしているなか、昨年フィコンパ錠を加えてメインの他に薬の種類を減らしたり増やしたり繰り替えています。今回はインケプラ錠無し、トピア錠は次回無くす段階予定だそうです。現在、服用している薬は1日トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠100mg×2。

右が昨年の4種類、黄色の錠剤がイーケプラ錠500mg。左が現在服用している3種類。

初めててんかんと診断されたとき薬量はイーケプラ錠のみ1日500mg×2だったのに意識不明で倒れていることが多くトピア錠を追加し、過去最悪はイーケプラ錠1000mg×2、トピア錠100mg×2。発作を抑えず他の抗てんかん薬との併用療法で使用されるフィコンパ錠も試しとして2mg×1服用した結果は安全に続けそうなので8mg×1をキープ、転院後、ラミクタール錠を加えて現在に至る。

フィコンパ錠服用してから1年が経ち、一度も発作が起こることもなく妻の支えがあったからこそ、ここまでこられました。転院前では不安だったり心残りの出来事があって私は自分の意思だから転院希望の紹介状をお願いにすることになって当時の担当医から「あなたの気持ちがよく分かります」と承諾を得ました。1年半くらいお世話になった担当医に大変申し訳ないと思いながら今でも感謝している。いくつかの趣味や娯楽を失っていますが、必死に乗り越えるのにいくらでも楽しいことだけ考えるよりもなるべく発作を起こさないようにコントロールするのが大切。負けてたまるか、頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

「久しぶりに下半身のトレーニング様子見ながら行ってみますか?」とトレーナーに言われて8回目パーソナルトレーニング受講内容は「下半身」。先ずはおさらいから「スクワット」、丁度いい何度も忘れそうなフォームだから。「●足のスタンス●股関節から動かす●自然に胸を張った姿勢●肘は水平の高さキープ」の4つを意識「■お尻が突っ張る■腿の裏が突っ張る■足首」この3点が伸びたらしゃがみやすくなるそうです。私が気になる点が座ったところから立ち上がることは「良い姿勢→膝が極端に前に出ないで股関節が主動、悪い姿勢→膝が主動の動作」今まで私は良い姿勢を悪い姿勢だと思い込んでいたので再確認が出来て良かった。今度椅子無しで行うと+α意識することや一定の動きを心掛ける。これが出来ると目的の筋肉から常に負荷が逃げないため、効果に繋げやすいとアドバイス。実際に10回×3セットをやってみたら本当にきつい。

「ストレッチ」を入れてよりしゃがめるように「‖首△尻B槊↓ち安Α廚海譴蘓びると効き目がありますとアドバイスがありました。更にポイントはスクワットは 銑い魏善して動作に繋げていけば運動強度が一気に上がります。今後 銑ぁα一定の動き、深くしゃがむ、今までの基本動作のおさらい、これが安定してきたらバーを担いでやっていきたいと考えていますとのことでした。

前日、トレーナーの指導のもと個人に合わせたプリーチャーカールを使う上腕筋筋トレらしきものをしていた女性は汗ダクダクで苦しそうな表情が凄かった。当日実行前カウンセリング時、そのことを話したら「彼女はボディビルダーみたいになりたいという珍しいお客様で僕も心を鬼にして追い込んでます!」とトレーナーが言ってたのでびっくり。本格的に筋トレを行う上でリストラップ付きトレーニンググローブ着用した恐るべきあの彼女。私には有酸素運動を中心に行いますが、ボディビルダーにちょっと憧れています(笑)。知らなかった正しいフォームはじっくり段階を踏んで鍛えてみたい。頑張れ!父さん。

お尻の筋肉を伸ばすストレッチ(背伸び真っ直ぐ)

1月後半トレーニング内容

21日・・筋トレ40分

22日・・ラン8km

23日・・スイム700m(100m×7)

24日・・ラン8km、筋トレ25分

25日・・ラン3km、パーソナルトレ受講

28日・・ラン3km、筋トレ45分

30日・・ラン7km、筋トレ35分

31日・・ラン8km、筋トレ30分

月間走行距離:ラン219km、スイム700m

昨年フィコンパ錠服用する段階ではない頃によく発作を起こしたり、トレッドミルで走りながら突然意識不明になって転倒したからもう1年が経過したことから症状が落ち着いている。1月の走行距離200kmを超えていたのはトレッドミルでのテレビドラマを見ていたのが効果的でした(笑)。因みにはまっているドラマ「相棒」もちろん字幕付き。これから2月は事情によりこれまでの生活リズムが一変しますのでトレーニングを行う時間帯にも調整する。 

JUGEMテーマ:スポーツ

1月中間トレーニング内容

11日・・パーソナルトレ受講

13日・・ラン7km、筋トレ15分

14日・・ラン15km、筋トレ30分

15日・・ラン15km

16日・・ラン16km、筋トレ55分

18日・・ラン10km、筋トレ20分

19日・・ラン13km、筋トレ25分

20日・・ラン6km

2度目のインボディ測定には全て増えたとして体重1.4kg、体脂肪量3.6kg、ウエスト3.1cmに増量の原因は食事制限を守れなかった。2ヶ月半ぶりに3度目のインボディ測定を測ったあと、検査表を見たらびっくり。庶民のご馳走や年始年末の暴飲暴食で太ってるかと覚悟したが、なんと体重1.1kg、体脂肪量1.1kg、ウエスト2.3cm減っている。薬の副作用の影響で相変わらず腹部の肥満が目立ちますが、部位別筋肉バランスが良いという結果が曖昧。どう見ても「多くの有酸素運動と毎日腹筋が効果的」が一般課題として挙げられます。トレーナー曰く正直、有酸素運動は普段のランニングで十分行っているので気にしなくて大丈夫です。あと毎日腹筋やると良いというアドバイスもお腹の脂肪を落としていく上でそこまで大切なことではなく、僕も脂肪を落とすダイエット期間は毎日腹筋はやってなく、そこまで必要性を感じませんでしたとのこと。

体重の変動が起こりやすい体質だと結果を見られます。変動しやすい方は、経験上やれば筋肉もつきやすい方が多かったので、そこを活かせればベストな状態に持っていけるような気がします。1度目のデータと比較してみると部位ごとの筋肉量が少し減少してトータルの筋量が少しダウンしたくらいなので上半身を少し筋トレで強化して戻すこと。なのでお勧めの筋トレメニューはチェストプレス、ラットプル、バックエクステンション、スクワット計4種目、更に自分がアスリートとしてランニングを加えます。腹部の効果は自分流として腹筋運動の代わりになるものはランニング一筋、筋トレは焦らずに正しいフォームを身に着けたい。

今回はラットプルダウンで効果を出すための正しいやり方とコツと注意点について。「筋トレって第3者から見たら動きが同じように見えてもやっている本人が意識出来ていれば凄く筋肉を使ってる場合と、そうでない場合があるのがこのイメージだと僕は思っています」とトレーナーが言ってます。難しいけど毎回フォームが安定するよう、フォームを意識が大切だし、肉体改造の効果に繋がります。パーソナルトレーニング受講はこれからも地道にコツコツ、そして懲り懲りいや、楽しみながら続けています、頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

 

先回「年末年始に何か起こるか分かりませんが、くれぐれもお気をつけてください」と転院前の医者もこちらの専門医に同じ事を言われたのが気掛かりだから、2018年をおかげさまで無事に迎えることが出来ました。今年最初の診察日。

4週間の状況を報告しますが、発作や頭痛など記録を書かれたてんかんノートは専門医に見せます。具体的な内容は先月に就職活動を始めて集中しすぎて頭痛を発症が憂鬱になり落ち込んでいたこと。「最近の頭痛は?」と聞かれると私は「あ、そういえば今年に入ってから頭痛を起こさなかったが、むき出しもあるけど感情的で涙もろいが多かった」とうっかりしていました。知り合いや芸能界、そして星野仙一氏の訃報を聞くと悲しみを感じています。先日ひとつ上が増えたばかり、四捨五入で60歳になった自分が恐れているのは死にたくないんだ。それを聞いてずっこけた専門医が「まだ半世紀があるんだ」と言ってましたが、それでも私は不安を過ぎりました。その理由は昔、オタクじゃなくて漫画を読むのが趣味ぐらいですが、マンガの神様で有名な手塚治虫先生、「サイボーグ009」の石ノ森章太郎先生、「スケバン刑事」で同じ干支一回りの和田慎二先生が亡くなったのは60歳でしたから考えなくてもいいことを考えてしまいます。

専門医が気になるのは「頭痛」いつからこういうなったのか?と聞かれて「40代から妙な頭痛を起こし、脳神経外科の病院で何度もCT検査結果は異常なし。3年前、頭痛悪化を訴えて転院前総合病院のところにMRI検査と脳波検査でてんかん波が出ていたことで判明された」とこれまでの経過を話しました。さて、毎度、薬量をコントロールして減薬について正直言って私は自信がない。専門医の判断では今回は今の薬量を服用してもらうが、次回はイーケプラ錠を無くすようにしてみましょうかと言われた。現在、服用している薬は1日イーケプラ錠125mg×1、トピナ錠50mg×2、フィコンパ錠8mg×1、ラミクタール錠100mg×2。

「死にたくない」というフレーズは人生の禁句ですね、「生きたい」ので長生きることに意識を変えたい。マラソン、水泳、自転車と3つとも競技のこれまで辿ってきた道のりを振り返った。今後は新しいことに挑戦し夢を叶えたい、だから夢は続きます。頑張れ!父さん。

JUGEMテーマ:スポーツ

1月前半トレーニング内容

03日・・ラン40km(笑)

04日・・ラン7km、筋トレ35分

05日・・ラン5km、筋トレ45分

07日・・ラン8km、筋トレ45分

08日・・ラン20km、筋トレ45分

09日・・ラン13km、筋トレ20分

10日・・ラン10km

撮影した画像を見たら正しくないフォームだな。それはバーの持ち方と握り方が間違えてるし、首をすくめるように見えるよね。改善すべき点は肘90度に曲げて前腕は押す方向に対して真っ直ぐ、胸と水平の位置に手が来るように構える。胸を前に突き出すようにしっかりと張って肩甲骨を寄せるのが筋トレ効果。腰を反らそうとしないことが注意点。でもなかなか難しい、頑張れ!父さん。

12月28日、6回目のパーソナルトレーニングを受講しました。先ず、欠かせないカウンセリングの具体的な内容は「スッキリしてますね!体重の変動はまたありましたか?」と聞かれたら私がこう言ったのは一時体重がズルズル減ってるけど私の場合は結構有酸素運動を行っているし、筋トレの正しいフォームの効き目があったみたい。トレーナー曰くランニングも筋トレもどういったフォームでやるかで筋肉がしっかり使われるか、使われないか変わるのでその意識づけは大事なことのこと。

大胸筋の筋トレといえばチェストプレスマシン、ベンチプレスですが、今回はチェストプレスの効果とやり方を教わりました。軽量なのに重量を持ちあげたようでフォームが良いから胸にとっては負荷が大きいのです。ジムでも人気ですが、以前から愛用のように適用なフォームを身につけたら胸の筋肉に効かない。フォームが違え目的が違ってくる、重量はただの手段です、回数も。トレーニングには見栄えするからです。パフォーマンスとは逆になりますので自分の身体に意識を集中することです。だから胸の筋肉を使うようなフォームと意識で身体が変るのです。慣れた少しスピードアップして大丈夫だし、あとは自主トレで練習して体で覚えていくことが大切というトレーナーからアドバイスを頂きました。

JUGEMテーマ:スポーツ

2018年が幕を開けました。昨年一年を振り返ってみると、前に進もうとガムシャラに日常をこなしていた一年でした。発作を抑えるフィコンパ錠のおかげで私はランニング続行を宣言しました、なので今年もお付き合いよろしくお願いします。ご迷惑をかけないようにしますが(笑)。

さて、ブログのネタは今まで口を零す部分があったけど、今年からは診察の流れやアスリート日記を中心とした報告をお届けしたい。記事の新シリーズは「頑張れ!父さん」が登場しますのでご愛読願います。それから夢や目標を「2018年の抱負」として知的障がい者、ダウン症者そして初心者さんの楽しく走ることが出来れば私は伴走でなく並走あるいはペースメーカーをしたいです。

2018年出場予定

■豊平川マラソン■

■北海道マラソン■

■エンジョイランニング■

基本的は市内マラソン大会しか参加しませんが、北オホーツク100kmと函館マラソンは妻と甥っ子の意思なので参加したいと言われたら私もエントリーします。豊平川マラソンとエンジョイランニングにはチャレンジャーに申し込まれたらペースメーカーとして無理しないペースで完走まで楽しんで走るためのサポートしてみたい。周回マラソンにはまっていて、それは周回ペースを保って走りたくなりました。

走り初めはとんでもない40km、北オホーツク以来だ!

なんてタフなんだ。頑張れ!父さん。

走り初めは3日にジムでトレッドミル全てにテレビモニターが搭載しており、「箱根駅伝」「相棒」を見ながら走りました。10km×3回、5km×2回トータル40kmにキロ7分なので4時間40分。どの大学は素晴らしい健闘を見せてくれましたが、印象に残っている選手は7区を走っていた駒澤大学のエースである工藤選手。工藤選手の体調不良の原因は「ぬけぬけ病」の可能性があるかもしれない。工藤選手がフラフラになりながらも順位を下げることなく必死に襷を繋いだ姿に思わず泣きそうでした。7区を完走した工藤選手はそのまま倒れ込んでしまっていたのでその後の症状については現時点では詳細が発表されていませんが、今後の選手生命にも大きく響かないことを願うばかりです。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

 

 

12月後半トレーニング内容

17日・・ラン5km、筋トレ20分

19日・・ラン10km

20日・・ラン12km、筋トレ30分

21日・・ラン10km、筋トレ15分

23日・・ラン7km、筋トレ25分

25日・・ラン13km、筋トレ25分

26日・・ラン7km、筋トレ20分

27日・・ラン10km、筋トレ20分

28日・・ラン3km、パーソナルトレ受講

29日・・ラン9km、筋トレ25分

30日・・ラン5km、筋トレ15分

31日・・筋トレ65分

月間走行距離:177km目標達成!

振り返って見ると私の持病については我がチームのみ告白しましたが、よそのチームに自分の病気、症状や治療に関するプライベートをバラされたくなかった。そのチームと合流など現場で発作が起こして多大なご迷惑をおかけしました。それから薬の副作用で激太り私の姿を見た我がチーム以外のランナーに「ウルトラ完走は無理でしょうね」とか「てんかんは子供の病気なのに」と言われて私の気持ちは全く理解されていない。自分から話さないと誤解が生じるものなので病気としてなら服用している薬や症状を理解するにはこのブログに公表した訳であります。発作を抑えるためフィコンパ錠を服用してから意識を失うこともなく、ふらつきが良くなっています。マラソンの方は完走、完走ばかりでなく無理せず特技な一定のペースを保って走るのが楽しみなんで続けられます。

可愛い孫のおかげで長生きできると言われていますが、昨年嫁に行った長女はバリバリ働いているのでいつになったら私たちに妊娠を告げにくるだろう(笑)。反面にマラソンにはまっている甥っ子と一緒に走ることを何よりの楽しみにしているから私はまた頑張れると実感が湧いています。うりゃー負けてたまるか。そういえば、今年のエントリー縮少したのに予定が狂ってしまい2つの大会を加えて、自分がはつらつとしたり、ウキウキと明るく元気で走ったのは言うまでもない(笑)。

上京のとき、甥っ子が撮ってくれた画像、お別れの一コマ。実は甥っ子一家の皆さんもパパラッチなんだ(笑)

 

来る年の皆さまの幸福を念じております。

 

JUGEMテーマ:スポーツ

 

抱負メッセージプレートは昨年に引き続き、「お父さんがんばれ2」

前日、お誕生日を迎えて1つ年が無事に増えました。四捨五入で60歳ですわ。

「妻がどんな時も激励しながら私を支えてくれました」と振り返りつつ、感謝を忘れずに一日一日を大切にしながら生きたい。何事も負けてたまるか。

             

マラソン始めたのは40代なのに誕生日を迎えて四捨五入で60歳!ある意味では精神的に病んでいた時期には妻が支えてくれたことで無事に年齢ひとつが増えたのは感無量。

トライアスロンが好きで止められなくて完走はもちろんだが、無理せず楽しむことを教えてくれたてるてるまんさん。

仕事が好きでも恵まれない環境だからこそ人は成長できるよう頑張っているのを伝わられた浜頓別マラソン手話通訳の皆さん。

私が引退を覚悟したのに浜頓別マラソンで勇気をもらった「よっしゃあ〜いくわよ〜走」の某チーム旧会長(80歳)さん。

さまざまな出会いを通して沢山の学びを得ることが出来たお陰でランニング続行することになって自分の一定のペースを保って走る楽しみを知り、存分に楽しんでいます。それからランニング以外に肉体改造してみたいことでパーソナルトレーニングを受講しています。

<別紙参照>

■てるてるまんさん http://kentrunner.jugem.jp/?eid=546

■浜頓別手話通訳の皆さん http://kentrunner.jugem.jp/?eid=564

■某チーム旧会長さん http://kentrunner.jugem.jp/?eid=563

JUGEMテーマ:スポーツ

 

「トライアスロンで人生は変わる」思いっきりがむしゃらに頑張ったからこそ、その時の経験は忘れられない。トライアスロン個人の部では市民体育大会(スプリント・ディスタンス)9回、大雪山忠別湖(オリンピック・ディスタンス)2回、苫小牧ハスカップ(オリンピック・ディスタンス)3回、アイアンマンジャパン(ロング・ディスタンス)2回他にいくつかのアクアスロン、デュアスロンも参戦しました。約8年間よくぞやっていたな、運動音痴な自分を褒めてやりたい。

アイアンマンジャパンは夏の思い出づくりに2年連続参加させて頂きました。泣いたり、喜んだり悔しい思いもしたり、溢れた感情は今でも忘れられません。

突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」を繰り返し起こす病気であることが判明、ドクターストップがかかり、2016年市民体育大会以来参加していません。顧みるとアイアンマンジャパン2回参加したのにいずれにしても未完走だが、凄く残念で心残りなことがあります。2014年アイアンマンジャパン初参加され怖さを知らずに全力で頑張ったが、バイクをクリアしたにも関わらず失格。2015年2回連続参加、病気でドクターストップがかかっていたので自分に気合を入れる場合じゃないと戸惑いを感じました。大会前に定期診察を受けて採血検査の結果は良好だったので全力を尽くしながら大会を楽しむことを目標として参加して来ましたが、苦手なバイクに残念ながら力及ばなかった。その原因として、多くの薬が増えると眠気やふらつきなどの副作用を起こしやすいことが知られていたので当分の間にトライアスロン休止しています。オロオロして泣き出す場合じゃないから、「負けてたまるか」。それにしても先日に上京して甥っ子と一緒にマラソン大会に出たのは楽しかったな、本当に・・。走り続けますよ!

右が2014年、左が2015年のアイアンマンオリジナルロゴマーク商品販売で買ったTシャツ。それにしても完走Tシャツを手に入れたかった、なんたってセンスの良いTシャツだから凄く着たかったのだ。

JUGEMテーマ:スポーツ